小野塚清さん逮捕の噂、

7月3日に、あるブログで小野塚さん逮捕の噂が取りざたされた。面識ない他人を書くのは基本よくないのですが、小野塚さんの場合は違うと思うわけです。なぜかというと、書けと背を押されるし、それが相当であると思うからです。書きすぎや間違いがあるなら、小野塚さんほどの方なら面会に来て、自説を述べられるはず。だが、小野塚さんを調べて書いて一切本人から連絡はない。小野塚さんを登記の魔術師と呼んだのは私ではないです。どこかで魔術師と呼び始めたわけでして、どうように登記の天才もいる。登記という技術は登記申請書を書くことも大事ですが、それ以前に登記所に余計な手間は掛けさせない。これが基本です。登記所は多忙だからです。登記が対抗要件であるなら、その前提に書士が絡んで、実体的法的構成と社会的取引を整合させることに、書士の役割もある。 ここで、実体的妥当性を超えて、登記をするのが、原本不実記載です。 すると、裁判所で物件を競落して、競落人に登記を移転しないのは、妥当でありましょうか。少なくとも執行裁判所はそんな奴はいないという前提で、法執行をしている。人間のやることですから、間違いもありますが、南青山二丁目物件については、競落人の態度は大きな問題がある。競落人が登記名義を移転しないのは、消極的行為による原本不実記載の疑いがある。小野塚SFCG尾中.pdfその意図はどこにあるかと聴かれていましたが、これは競落人に名義を移すと仮装の名義すなわち天ぷら名義人ですから、ないかのような消えた賃借人がゾンビのように生き返り、その差押…

続きを読む

権利書偽造。小野塚清。内田マイク。

内田マイクさんは、ホテルの配膳会みたいな仕事をしていた。不定期な雇用を調整する仕事です。不動産詐欺に必要な人材派遣。人材発見育成から管理まで行う仕事です。なりすましも番たびあちこちで出てくれば狭い世界で警戒される。地主さんが高齢化すると、類似なりすましも探しにくい。そういう不動産詐欺の道具を在庫しているのが内田マイクさんです。この人は、裁判所などで有名人ですから、昔は高橋という名前だったというのは周知です。この人が積水ハウス事件で取りざたされているとき、また仕事していると思うのが、登記の世界。ところが最近、この人が不動産会社社員と知るに及び、最初は驚き、そして、いや、内田さんの脳内世界では自分を不動産営業マンと思っている。そう考えなおすと、わかりやすくなる。 やり手の不動産営業部長です。そう考えなおすと、この人の名前を聞いたことに気づく。たしかに、不動産仕入れや営業会社の名前で出てきていた。内田英吾さんでしたか。さて、内田マイクさんも、地面師主犯格というのは間違いないでしょうが、同時に、不動産会社営業でもあります。本人の意識は会社員でしょう。詐欺師と自認するより、会社員のほうが精神安定する。 1 不動産転売というビジネス。転売する不動産が存在しないだけ。不動産がありまして、それを取得して、それを欲しい人とか企業に売る。そういうビジネスがカミンスカス操によって行われていた。ところが、この人、なんちゃって不動産屋で実は人生に行き詰まりこの世界に35歳過ぎてはいる。フィリピンにとぐろ巻いた女衒です。…

続きを読む

噂の小野塚清さん。

小野塚清さんは先生でありまして「登記の魔術師」と呼ばれていますが、私は自作自演、自画自賛、宣伝材料と思います。地方では競売妨害が簡単にできるという認識がまだありまして、刑事警察もそういう事実の違法性がわかっていない。ですから、競売妨害役者としてお呼びがあると、小野塚さんはともかくただ酒は飲めるし、函館当たりだったら、寿司はうまいし、先生扱いされるし、小野塚さんの営業になる。昔のキャバレー芸人と同じ。こういう小野塚さん的商いは、吉本カラテカ入江と同じなんです。闇営業なんて問題ではない。カラテカ入江は職業的オレオレ詐欺集団の一員と同じということで、誰かが、情報流してさらされたわけです。まあいろいろ調達したわけで、調達係で便利だったでしょう。小野塚さんが登記の魔術師ということで、小野塚さんを商材にする人もいる。個々の行為が刑法で可罰的なわけですが、なんせ登記所で登記を通すので、刑事警察は登記所がOKしたと誤解する。これは地方の不動産屋が小野塚清を先生と思うのと同じです。実態は、臭いオヤジです。酔っ払い運転常習。 1 小野塚さん監視機構が行方不明とアラート。まあ、最近は見ないですが、偽の権利書発見情報は各地の書士会がファックスで流します。小野塚さん監視機構は自然にできている。こういうことは〇永Yが市ヶ尾で出没とか、通常の書士事務所では掴んでいます。 2 小野塚さん行方不明は、病気で倒れて南町田病院で寝ているとか、あるいは刑事警察に捕まったとか、どこかで寝ていたりおよいでいるか。 そういうのはわからんで…

続きを読む