秋元先生とIR法案

カジノ法とでもいうべきIR法です。どうやら議員立法らしいです。日本維新の会の企画らしいです。農業関係の予算はピークで1兆円を超えていた。統合型リゾートに何故カジノが必要かわかりませんが、ともかく、法律があれば予算が付く。そこで、北海道なら留寿都、苫小牧と企画していたようです。横浜なら、山下公園。大阪、長崎とつづく。カジノを何個作るつもりか企画は大丈夫かと思う。カジノは客が重要で、カンヌとアトランタでは客層がちがう。オーストラリア・ゴールドコーストのカジノクラスでも世界にそうはない施設です。パチンコを何とかしようということでカジノでしょうか。こういうのは英国に学んだほうがいい。TABという酒を飲ませて、テレビで公営競馬をやらせるところがあります。ブックメーカーという私的馬券飲み屋が認められていて、小金をかけさせる。そういうところで博打をやっている。競馬などで25%の寺銭はとらない。博打場は、ハウスが儲かるようにできている。そのハウスのもうけを少なくしても、長い時間遊んだら結局客は螻蛄です。長く遊ばせるか、すぐに一文無しにするかの違いです。こういうレジャーというかきわどい遊び?は日本でも「博徒」さんがやっていた。IR施設作るくらいなら、浅草に普通のホテル(浅草にはない、特殊用途だけ)をつくり、浅草寺仲見世で観光して、万葉倶楽部みたいなとこでふろにつかり、飲み食いもできて、興味ある人は「丁半博打」を片肌脱いだそういう人にさせて、世界に比類のない賭博を売りだしたら、大受けです。 日本でカジノができるとこ…

続きを読む

桜を見る会。そして証人喚問。

秋元先生が保釈され議会に出るかと期待しています。議員席では中村喜四郎先生のそばに座られるかと。政治家の真価は選挙で決まる。中村喜四郎先生に政治的危機を乗り切る極意を聴くチャンス。しかし、中村先生の事実と秋元先生の事実が同じかどうか。事実が違えば結果は違います。これを因縁という。 1 検察人事は大事であります。民主党時代に小沢ハウスあるいは小澤ハウスという政治イシューがあった。その時も、検察人事が迷走した。検察法に検察に捜査権があると規定がある。マスコミは特捜部が捜査すると、気に入らないと検察ファッショという。ですから検察人事は政治が握るのであります。検察ファッショは政治が糾せて、政治は国民が糾す。中村喜四郎先生は風説で倒せない。風雪にたえて喜四郎の今がある。検察人事はアメリカでは検察官の選挙があることさえある。政治的になって当然であります。国内政治と国際政治がある。KYで現検事総長が辞めるものなのですが世の中色々です。 2 秋元先生証人喚問。300万以外にどこに消えたか。それは国民の関心事実です。証人喚問をしてもらいたい。2000万以上受け取った三人がいるらしい。職務権限ないと贈収賄にならない。秋元先生に賄賂性認識ないかも。それならどういう趣旨で受け取ったという主観的要素とか、政治資金規正法の帳簿に載せたかとか。喚問で聞いたらいいのです。政治ですから。すると特定野党が出てくるかも、出てくるかも、出てくるかも、しれません。秋元先生が別の目的で300受け取った可能性もある。それなら贈収賄でない。ス…

続きを読む

武漢肺炎より、結核、ペスト、マラリアですよ。

マラリアは熱帯の感染症とされていますが、シベリアでもマラリアはある。シベリアでも夏は暑いのであります。すると蚊が大量発生する。マラリアは蚊が媒介するから、シベリアにマラリアがある。シベリアにあるなら、北朝鮮にある。http://ao-akaki.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-f2ea.html北朝鮮に行ったある人に聴くと、大学の掲示板に「マラリア撲滅」とあったという。日本でも、結核は蔓延していて、都立駒込病院はそういう患者であふれている。そこの医療関係者にいくら感謝しても足りない。ペストは、日本でない感染症ですが、北京で二例が報告された。https://www.afpbb.com/articles/-/3254629「北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も」さて、中国は、チャイナボカンの国。北京で二例の肺ペストが見つかったというなら、暗数は10倍として20例。ネズミが中間宿主とされているが、人間間の感染があるという。日本でコロナウイルス感染が報告されているがペストであれば経験なくてもすぐわかるでしょう。まあまだ入っていないでしょう。しかし、ロシアなどでは武漢肺炎だけを警戒しているか疑問です。ペストはミャンマーでも年間1000人弱の感染がある。アメリカでさえ、感染例が毎年あるのです。 1 中国とWHOに忖度する、加藤厚生労働省大臣。検疫の最前線で座っていただいて、人柱になっていただきたい。頑張ってください。

続きを読む