地面師がスターの時代。

オリンピックマラソン選手Sさんの詐欺被害事件があった。この事件は新聞報道されて、その時に内田マイクさんの名前を知ったわけです。さて、内田マイクさんと面識はないが、そのグループとは、東京地裁、浦和地裁、横浜地裁川崎支部で知り合うことになった。民事訴訟の相手側だったわけです。訴訟記録でしったわけです。それぞれ別の事件でしたが、結果的に相手はいつも同じ人たち。会社は違えど、本店所在地が同じとか、いつも同じ人物が代表者だが、裁判所に会社実質オーナーとして来る人物は別だが同一グループ。それでも、東京、横浜、浦和と首都圏で、金融を絡めた、不動産名義に絡む事件で間違いなく背後にグループがいると感じた。当時、裁判所の記録でよく出てきた会社に、「東山商事」というのがあった。競売物件に必ずと言っていいほどあらわれる金融屋で、賃借権仮登記を競売物件につけている。(旧民法395条)。この担保抵当権競売事件で第一順位の抵当権者に劣後していながら、結果的に不動産競売で一番利益を出しているのが「東山商事」グループだった。東山商事が短期占有(賃借)を競売記録で認められているので、競落人が「東山商事」のお友達のヤクザ関係不動産屋ばかりだった。東山商事→築地本店所在某社というコースがあったわけです。「利は仕入れにあり」不動産を格安で仕入れられるから、彼らにはよい商売であった。だが銀行は喰われるということ。そういうビジネスをやりたいなら、そういう競売グループに参加しなくてはいけない。そういう不動産業をやっていれば、あるものは公正証書原…

続きを読む

外為法違反があれば、田中角栄は終わり。だが政治的に当選し続けた。

田中角栄の事件は外国為替法違反というある意味形式犯が最初。この事件で田中は有罪となった。それがさらに贈収賄事件となった。田中の死でその事件は訴訟的には終わった。総理の職務権限とかいろいろ訴訟的論点はあった。田中政治を擁護する立場があるのは当然。政治とはそのためにあるからです。そのためとは、利益誘導であり、社会改革(改造)です。ですから、モリカケウロン政局は基本的な民主主義政局ではない。詩ね朝日新聞以下は、政治的イシューは一切言わない。元よりないのであります。自民党総裁が気づかいしてくれればいい。そういう在来の政治システム通り動かないのが安倍政権であります。「日本会議」が、安倍君山口へ帰れという。衛藤晟一 VS 西尾幹二 VS 山二郎 戦後レジームの脱却!安倍政権の2017年と今後!山口さん「アジアの安定リベラルでは無理保守に期待している」【衛藤晟一×西尾幹二×山口二郎】【西尾幹二】平成30年・春の特別対談「世界は現在(いま)」[桜H30/4/28]日本会議と山口二郎が安倍批判。これは、在来の日本の右と左のある部分が安倍政権の敵ということ。敵の敵は味方です。すると安倍政権は在来の日本のどこかの敵で右往左往させている。こういうことになる。モリカケウロンは西尾幹二さんが作って、汁は山口二郎が作ったかもしれない。それは食い物ではないでしょう。毒物に近い。安倍さんの弱点狙って殺す気か。山口二郎「安倍に言いたい、お前は人間じゃない。たたっ斬ってやる!」選挙とはいえ、ここまで言うわけでして、山口さんはゲッペルス…

続きを読む

トランスデジタル→岡本倶楽部→佃市長

伊東市の事件をわたくしなりに書いていると、異論反論が後ろから投げつけられる。たとえば、中田次城県議会議員について書くと、あんたと関係あるのかという結構胸にこたえる質問が来る。確かにそうではあるけど、埼玉入間で露骨な違法開発を企図していたと知っていたわけでして、ゆうてみれば公益せいがある記事だということもできる。そういう埼玉入間の現場をなぜ知っていたかというと、調査を頼まれたからです。(お仕事ですから、この事例、守秘義務は発生しない。守秘義務は契約から発生して、契約金を払はない奴に秘密などない。)だが、ダイビングの話までしていいかというと、していいけど、まあ、そこまではやめとこうとなる。 大樹総研のことは相当前に聴いていて、結局、結論的には民主主義で解決すべきということです。 田中角栄マンセーが伊東の人の意思ならよそ者は関係ない。ただ、贈収賄とか、農業振興地区に太陽光パネルというのは法に反するわけです。 細野豪志の5000万もこのまま細野が再選されたらそれでいいことになる。刑事権力の抑制的行使といわゆる民衆の正義の相克であります。 1 トランスデジタル事件この事件の評価はショボコイとされている。それでも、野呂周介さんを表に出して、京都ファイナンスや、京都五山とか許永中金融とかの重要人物を表に出したのは、すごい成果と思った。だが世評はそうでなかった。TBSの刑事ドラマを期待しているのが大衆です。TBSのドラマは皆ウソですから。 2 そうすると岡本倶楽部。そして岡本倶楽部被害者の会。トランスデ…

続きを読む