アウンサン スー・チーはミャンマーの指導者。

The Golden Land Of Myanmar.Myanmar - The Golden Land ミャンマーは豊かな国であります。 ロヒンギャの問題も古いロヒンギャと新しいロヒンギャがいる。新しいロヒンギャは故地を追い出され東に移動する。その昔、西に移動したジタンのようなもの。この人も500年くらい前にインドから来た人とか。カーストとバルナから外れたら人ではない。これがアジアです。 このロヒンギャはイギリスが最初に連れてきた。暴力装置です。 ミャンマーは豊かですから、イギリスは儲けました。 そのイギリスの手先であったアウンサン将軍は殺された。これはミャンマーの伝統で、王は暗殺される。 そしてイギリス植民地以来の伝統で、王は権力を得るまで何でもする。 アウンサン将軍の娘スー・チーも同じです。何でもする。 それでも、スーチーはミャンマーの指導者です。 国際アムネスティーがスーチーに「良心の大使賞」を与えていたとか。それを取り消したそうな。 スー・チーは民主主義選挙で選ばれたミャンマーの指導者で女王です。ミャンマーの王が国民の意向を無視すれば、暗殺される。歴史的には毒殺です。「王の悔諫偈」があるのがミャンマー。 アムネスティの言う、良心的は英国植民政策と考えられているから、ミャンマーの王はミャンマーンの王であるなら、アムネスティの言うことだけは聴けない。 まあ、内政干渉はやめるべきです。

続きを読む

支払い督促。

これは、裁判所からくるが、最初は裁判官は関与していない。裁判ではない。であるから、であるから、当事者性の確認や、事件の中身は、将来の執行を見据えた、形式的なもの。そこで、この支払い督促を悪用する者が多い。とくに事件屋の道具になっている。そういう代表に議員の下請けの架空請求詐欺師グループがいる。 ある督促命令が出たとする。それは裁判所特別送達。それが届いていないと言うなら、届いたことは、あるいは郵便が来たことは知っている。これが小野塚清ワールドです。べつに債務者が支払い督促を受け取る義務はない。その最初の督促命令不受領の不利益を問うのは債権者申立人である。そういう一連の手続きの最初をいろいろ利用する輩がいる。任侠はやらないでしょう。行使する力があるはず。詐欺師ですな、そういうのは。金を返せというのが実は借りていたりする。そういう世界です。 昔は支払い命令といった。それが督促手続きと変わった。つまり、裁判所も事件師に利用されることが嫌いです。命令ではない、督促です。解決したらどうですか、とりあえずお手紙します。中身が違っていたら、あんたが文句言いなさい。これは裁判所がお手紙届ける代行の白山羊郵便ですと、中身に注意書きがある。また債権者にも、何の返事もなければ、訴訟しなさい。その時は書記官が当事者性や訴状の中身を指導してあげる。(まあチェックする。)こういうことです。そういうわけで、裁判まで裁判しに行くのは少ない。訴訟詐欺になりかねない。小野塚清のような裁判所に足を踏み入れたら即逮捕ということもあり…

続きを読む

川崎東田町・万里亜・写真

これが小野塚さん物件上の件外建物。直近らしい。さて、川崎東田町の過去の写真でありますが、 これは成南住宅借地権建物。これがある間はカミンカスコインパーキングは存続できる。仲間です。成南住宅芥さんの自宅そばに日本再生機構代表者太箸恒壽社長がおられる。浜松から来た。まさかカミンカスさんと、??????。 鳥竹も見える。仲間かな。 有限会社万里亜 経営 PARTNER駐車場 連絡先 03-3556-2650 であります。 PARTNERは駐車場をほかにも経営していて、恵比寿3丁目、奥沢7丁目にもある。 権利金を払うと、コインパーキング経営できるかもしれない。 ところでサーランドピア 有限会社サーランドピア法人登記簿(全部事項)2018062800454329.PDF Iさんは、当時です、キャベツ畑にいたから、会社代表の変更登記については、新代表が印鑑証明出せば簡単。だが、本質的には不動産強奪だから、その所有者が来るとまずい。でも来る。そのため裁判所で裁判で勝っていると弁明を用意していたかもです。そういうのが通る相手と通らないのがいる。 仁義なき戦い 名セリフ 頂上作戦 「今のそっちの言葉、本家の答えとして受け取ってええんか?」 そういう時は看板でまず勝負。任天堂の花札みたいなもの。 ここまでやらせる動機は、窮乏です。金が必要。カジノにもゆきたい。そこで、地上げのためかっぱらいをする。 小野塚清さんは預かり財産を奪われ、やはり叱られる。そこで、僕は関係ないよーと馬鹿のふりして弁護士…

続きを読む