レストラン豚丼新橋5丁目

この土地は小野塚清さんが、工事人に車をぶつけた現場です。現場には警察官があらかじめ臨場していた。事件になり残念だったでしょう。この物件に処分禁止仮処分が入りましたが、登記簿閉鎖中でできなかったらしい。つまり、1仮処分申請を裁判所にするには、直近の登記簿がいる。2なんらかのの理由で、登記簿が上がらなければ仮処分申請できない。3債務者は小野塚サイド。債権者はフォーシール。4フォーシールはスルガ新橋ビルに入居していた。そこには茄子もいた。5茄子に豚肉でブタ丼屋ができる。6新橋4丁目包囲網ができる。 すると六本木で小野塚さん突撃となり、不思議にアロースペクト2の競売事件になる。必然ですかも。アロ2債務者六本木5丁目競売記録.pdf港区六本木3丁目108-2不動産登記(土地全部事項)2019041000607866.PDF一昨年暮に松魂塾直塾長が亡くなられる。

続きを読む

ラポール株式会社破産事件の逮捕者とオックスホールディング、インスパイアー、そして郵政物件払い下げ詐欺

ラポール株式会社は破産しているが、民事再生申立人は伊藤恒一郎先生。有名な先生です。不発行株券についての差し押さえ事件で最近有名。ラポール株式会社について、黒木正博が実質経営者とは知らなかった。だが、Jホールディングスなどへの資金流出でわかった方が、国税に報告したのでしょう。国税のかっぱらいは厳しく処理される。 当ブログにコメントしてくださった内容の通り、ラポール株式会社融資金詐欺事件の逮捕者は5名。モバイルプラス㈱@サイバーアプリ関係かと。 郵政物件払い下げ詐欺とも関係はないのか????この事件は暴力団とつるむ、非弁事務所や税理士関係にまで波及するでしょう。と、思うわけです。

続きを読む

ラポール株式会社は「箱会社」。

ラポールは黒木正博が実質オーナーであるとされる。オーナーであるなら会社は大事にするが、黒木さんは会社の名義で金を借り、その借りた金を自分の会社に送金させていた。その会社がJパートナーズ合同会社であれば黒木正博に銀行融資金の一部が還流されていた。こういうことです。手口はトランスデジタル(通称・三島ソフト)の新株引受権で金を集めたのと同じ。「車庫飛ばし、溶かし車」が黒木さんのビジネス原点ですから、銀行、車ローン屋、証券市場を利用して金を引くということで共通している。リキッド社とかトランスデジタル社の仕事では大物政治家も利用し、小池百合子、石破茂万歳三唱していた。頑張れ自衛隊@トランスデジタルですが、石破らのトランスデジタル万歳はネットで削除されている。さすがだ石破先生。翌日30億円余が黒木・三木経由で岡本倶楽部に行きました。取り残された、永本壹圭は手形振り込みました。手形不渡りでトランスデジタル倒産。野呂周助は弁護士うなりました。金は回収した。弁護士は東京地検経済班に四日続けて呼ばれた。ゴルフ場らしい。 こういう黒木正博氏が真珠宮ビル仲介で5億円の未払いを受けたとゆうとるとか。これは後藤忠政にも聞かないと事情が分からないですが、後藤さんどこにいるのでしょう。 1 黒木正博はラポールという箱企業で20億銀行をだました。さて、こういう黒木さんですが、金は思ったほどない。?Jパートナーズというと「インスパイアー」であります。ここにも金が流れたのでしょうか。黒木さんはヤナセという企業も利用して銀行から金を…

続きを読む