ゴーン保釈されるか?

カルロス・ゴーン・ビシャーラが再度の保釈申請をしたそうな。ゴーンは起訴されたが、無罪推定がはたらく身分である。それが、拘置所に入れられ続けている。そこで、保釈申請をした。さて、日本中でそういう立場の人はたくさんいまして、一般的通俗的理解では、今回のような共犯事件の場合には、最初の刑事事件裁判期日で共犯者全員集合させて、罪状認否や今後の弁護方針を、共犯者同士即確認できるような、裁判がまずある。今回であれば、帳簿記載のことで、日産が帳簿不実記入を認めるかどうか。ケリー社長は、その帳簿不実記入という純粋な事実を認めるか否か。仮に、帳簿不実記入があると認識していて、その記入指示に関与していないというのか。 形式犯といっても、その不実記入は18億円とか42億円とかです。安くない。このこと自体、日産という会社が強制であれ、任意であれ、あるいは内部リークであれ、検察側にわかる経緯がある。日産本体が帳簿不実記載を否定しないでしょう。するとケリー社長にいわゆる形式的道義的責任がある。それは取締役の任務の不達成。全くの阿保で帳簿がわからないとき。じつは利口で自分に類が及ばないようにしている。どうとも考えられますが、報酬を得て、取締役なんですから、責任はある。これが想像される評価。 1 こういう事実の裏はゴーン会長の特別背任。日産から金が出て、使い道がわからない。その金額が18億円とか42億円とか。42億円は過去三年分。それでは過去7年ならいくらかです。脱税の疑いは常識である。そして、ゴーンはルノーの役員で、日産資…

続きを読む

羽賀研二氏と極心連合会。

羽賀研二氏が沖縄県警に逮捕されたという。http://news.livedoor.com/article/detail/15897190/https://dot.asahi.com/dot/2019011900009.html?page=2羽賀研二は受刑中で、その事件は詐欺であった。未公開株をAさんに売ったが、その株の会社は全く中身のない会社でした。当時でも今でも未公開株というのは山ほどありまして、リクルートホールディングスの未公開株は公開されて巨額株主利益を生んだ。これは江副夫妻が江副氏刑事裁判中に日本法令の株券用紙で作ったとか。適法に作られた新リクルートは、江副氏以下の手腕力量で再び上場した。そういうなかで、日本法令の用紙で作られた株式原券は容易に偽造ができる。(だから、Oさんの持つ株券が偽造というのではない。しかし偽造かもしれない。そこのところを株主名簿書き換えの論点以外に裁判で明らかになればと思うわけです)さて、羽賀の未公開株では被害者が多いといわれていて、あるタレントは自殺している。そういうのは事件にされていない。被害者が自殺したら事件にならない。だが、大阪のAさんは羽賀に返金を求めた。すると羽賀は、元世界チャンピオンのボクサーと極心連合会組員二名を同席させた。2007年ころという。このことで組員2名とボクサーも逮捕され、恐喝未遂で有罪となりました。この時組員2名は即容疑事実を認めて、大阪の職業的やくざの仕事の納め方がわかった。ボクサーには島田紳助が情状証人で出て、涙が滂沱とでたようです…

続きを読む

特別背任と故意(刑法38条)

詐欺罪と故意が実務で問題になりまして、弁護人はどこまでアドバイスするかが微妙であります。通常、検察が起訴するときには38条のことは起訴状に書くのか書かないのかはしりませんが、事実的にかいているのでありましょう。特別背任事件では、以下の方が著名です。T弁護人を選ばれて、よい人脈をお持ちと思った。”実刑を経験”元大王製紙会長がゴーン事件を斬る! 特捜部の特別背任捜査とは?|AbemaPrime 1/14放送|平日よる9時~【アベマTV】ここで特別背任の捜査で検察が自白にこだわったのは、そういうのが効率よいし、「自白は証拠の王」ですからです。大王の自白は証拠大王。ここで、大王様は自白して、懲役4年。100億以上を蕩尽して懲役4年でいまだに悠々自適。はっきり言ってうらやましい。恨みます。しかし、否認し続けても、ほかの間接的事実がバンバン出されて、結局起訴されたら、特別背任に別件も併合されて10年くらいの懲役でしょう。当時、大王様はマカオで博打に興じられていました。そのマカオにはABCホーム塩田会長も滞在しておられた。塩田会長は脱税で東京地検に追われていました。この事件にカミンスカスも絡んでいた。大王様は一人でマカオのホテルに泊まっていたのでしょうか。そういうのは、調べる組織はABCホームとかトランスデジタルとか観察しているから、ついでに見つかるのです。目立ちますからね。美人は。4年で安く済んでよかった。 1 ゴーンは認めない。この歩くTOCマネロンは認めません。認めたらどうなるかわかっていて、こういうの…

続きを読む