真珠宮ビル事件後の変化。 イディアル小笠原と西岡の違い。

    イディアル小笠原と西岡の違い。新橋4丁目事件の物件地上げは、西岡の弁護士が裁判所で語ったように、「都市型再開発」であります。この早稲田卒の弁護士は上手く西岡を説明した。事件不動産屋と位置付けられたら、西岡に無罪判決は出しにくい。狭小物件蝟集地で都心でネームバリューのある所。トラサン、トライチ、南青山三丁目こうすぐ浮かぶ。鹿児島県大字だっぺ字御じゃっぺ地先これでは地上げになるわけない。小さ…

続きを読む

地上げは金を出した人が中心。マッチとポンプにご用心

新橋4丁目事件で、ある意味、茄子かキャベツ非難が沈静して、最近、某上場企業オーナーのことが喧伝されている。(アクセスジャーナル、週刊0510、東京アウトローズ、日本タイムス)そのオーナーとは西岡進です。 真珠宮ビル事件と登場人物が重なり、元地主行方不明、白骨遺体というわけで、注目が集まる。当然後藤組ということになり、後藤組を探せとなります。こういうのは、加計学園騒ぎと同じ。希望が先で事実が後。…

続きを読む

支持率??。

森友学園取得土地情報公開をもとめて、大坂の市議らが訴訟をしたとか。国側は主張を変更して、「知らぬ存ぜぬ」という訴訟作戦を変更したとか。すると、やはり隠し事をしているのだろうと、原告市議団が記者会見。森友学園認可取り下げで、いままでの籠池アイゴー活動はなかったことになる。それでも、隠し事はしているだろうという、発言はいくらでもできる。泥縄民事訴訟を国がしているが、そういう方針変更は非常にいいことで…

続きを読む