イトマン事件は終わらない。

南青山三丁目地上げ現場が話題になっている。 この話題が代々木駅前地上げ(通称代々木会館)にまで飛び火している。 ネット報道添付資料によると、PAG債権回収(河合)が金田真紀に債権譲渡して、 その債権の債務名義で賃料を差し押さえたという。 http://brog.keiten.net/?eid=1097699 債権差し押さえ.pdf 差し押さえられたのが「アイ・キャピタル・エステート」 (セガ)【アイ・キャピタル・エステート】.PDF この債権差押資料にあるものが、当事者目録、ないものが請求債権目録など。 ネット記事をよく読むと、賃料債権を差し押さえたようです。 問い合わせてくるほうはわからないとすると、 なぜこういうことをするのかというと、 高山ビル(セガエンタープライズビル)の地上げ当事者を交代させるためには、 その兵糧である、抵当権&債権者への支払いをストップさせる必要があるからです。 そこで、その中身を考えるために、登記を見る。 (セガ)【土地】.PDF セガ建物.pdf 上記登記で抵当権者が「アトリウム」とわかります。 ただ、ネット報道資料は建物登記だけ。 土地登記を見ると、「アトリウム」は保証委託取引。住宅ローンの保証会社のようなもの。 土地登記を見てゆくと、 この高山商事ビル(セガエンタープライズビル)の地上げは住友銀行が金主とわかるはず。 利発な住友銀行が、そこそこのみずほ銀行に不良債権を移管する姿がそこにある。 この高山(セガ)…

続きを読む