イトマン事件は未解決。

イトマン事件は未解決なのであります。 老舗商社が跡形もなく食い尽くされ、4000億の使途不明金が解明されていない。 北朝鮮核開発に使われたかもなのにです。 辻元清美のピースボートにはなにが積み込まれているかわかったものではない。 港々に寄港する国際テロリストの商材運搬かも。 辻元清美公園の金とか、使途明細のない3600億円と籠池森友問題を国会で追及すべきです。 イトマン事件で開けた穴は、いわゆる「飛ばし」で埋めました。 埋まっていないですが、とりあえず飛ばしたわけです。 それが、関西アーバン銀行と村上ファンドと富士薬品と日建と双海通商の取引です。 (チャーミング・スクエア芦屋) 回収危うい問題債権が倍増追及!関西アーバン「異常融資」 | Close-Up ... http://diamond.jp/articles/-/3590 この関西アーバン銀行が富士薬品に融資した金をめぐり、 西松建設と富士薬品の関係性が明らかになってきたわけです。 ともかく、住友銀行の財務内容は飛ばしが支えていて、損を埋めるには利益を出さないとダメ。 その利益を生む会社がゼクス、ゼファーだった。 だが結局損は埋まらない。ですから富士薬品の100億のファンドも溶けて消えるのです。 そういう飛ばしの「パシリ」が地上屋という業種の営業一部門であります。 少し丁寧に言うと、 まず新橋地区大開発という行政の仕事がある。 その仕事を仕切るのが小池百合子です。その前は森喜朗だったかも。 森喜朗の…

続きを読む