共謀罪ができたら困る奴。

大王製紙の元王子である井川意高氏が、 http://mj-news.net/news/2017050265241 麻雀大会で優勝して、500万の賞金を得たとか。 高所得者子弟の東大生という一種の典型ですが、法学部卒業性が実刑になるのは珍しい。 同時に、やっちまったこともありがちだが珍しい。 娑婆に出てきて、顔つきがすっかりそういう顔になりました。 このひとは、本人も気づいたように、ポンコツをかけられたわけです。 まず「型に嵌める」そして「溶かす」、こういう全体の工程を「ポンコツにかける」という。 住友銀行イトマン、みずほ銀行&及川幹雄も同じ。 個人で100憶は記録的ですがこのくらいは世界的に見ればいくらでもある。 ブルネイの王族とか。 大王製紙事件は塩田大介や菊次らも参加した大セットアップですが、手口は古典的飲む打つ買うです。 こういう事件で吉本芸人も参加したでしょう。もちろん背後は暴力団です。 さて、この人も東大法学部、宇都宮健児も東大法学部、福島瑞穂も東大法学部。 学歴ではなく、研鑽と努力と実績ですが、東大法学部のほうが先生が多い。 男の顔は履歴書です。 1 共謀罪ができると、捜査がしやすい、新橋4丁目。 茄子かキャベツ化回し下痢というムーブメントがあって、今度はマキリンとデブリンの肉弾戦。 はっきり言って、気持ちが悪いですね。 色と欲におぼれても格好はつけていただきたい 酒と薔薇の日々 [日本語訳付き]  ジュリー・ロンドンHenry Ma…

続きを読む