代々木地上げ、プロファイリング。(興味ある人だけ)

南青山三丁目地上げで、PAGの関りが取り上げられているわけですが、 デブリン子河合に対する怨嗟と女金田に対する怨嗟が輻輳して、トラブルの元もよくわからない。 「回し下痢」の臭いは元から断たねばダメですから、その異臭の原因を解明したい。 そのもう一つの理由に情報提供してくれる方の存在があります。(コメ参照) http://cossato.seesaa.net/article/449743321.html そして、個人的に持つ情報と一部報道事実に齟齬がある。 そのことが気になる。(わずかな時間差だが) こういう地上げ社会もビジネスが行き詰まることがある。 そういう行き詰まりは、通常ビジネスでは当事者も潰れるのですが、 こういう世界では当事者はつぶれないで、金主とか銀行をつぶす。 これがこの業界の最も基本的ビジネスモデルです。 イトマン事件は銀行が喰われて、その飛ばしをいまだにやっている。 今世紀中にその後始末ができるでしょうか。 経営というものは表面的には外部から金を注入し続ければ継続する。 下朝鮮は通貨スワップで生き続けることができる。 安倍政権が通貨スワップなどで公的資金を下朝鮮を注入するかですが、 するとしても、一度清算させないと意味ないでしょう。 韓国造船業は過剰生産力ですから整理しないと立ち直ることができない。 これは日本もそうでした。 安値受注して事業継続を図っても三菱でさえ大損をする。 技術を維持する必要があるが、拡大とかでかい規模を維持しようとす…

続きを読む