南青山三丁目騒動。(真珠宮ビル含めて)。

「会社喰い」というジャンルの仕事師は有名になると仕事場がなくなる。 総会屋「小池隆一」が昔の名前で仕事ができるわけないのですが、そういう昔の感覚でその周りに、 蝟集する元第一勧銀職員や有名総会ヤクザの息子がいる。 この人たちの仕事に危ないも危なくないもないのですが、選別できると思っている者もいる。 南青山三丁目サーベランス事件以来物件の地上げは続いていて、日興コーディアル相場操縦事件の 金融屋から金を引いた榊原が地上げの一部を続けていた。 確か蓮田の地主の登記事件でこの人物の所在を探した記憶がある。 事件師の世界は狭くて、内田マイクのような人物の交友関係を作れば、内田マイク事件グループが 認知されたと思う。成城学園不在地主土地売却事件で内田が7年、福田尚人が5年の実刑となったが、 中心人物がより重いという評価でしょう。 こういう事件師グループが時には重なったりしながら、仕事を開拓している業界でありまして、 認知されない事件も多数ある。 内田マイクの仕事の初期は被害者が元マラソン選手。 成城学園事件では、鶴見のプロ金融不動産業者。 職業地面師として50年以上生き抜いてきた横須賀の港の人間の最後の被害者はプロです。 クロ詐欺師になったこの男の仕事相手がどんどん限定されてきていたとみるべき。 弁護士でも書士でも会計士でも、仕事の軸足が裏社会にあるなら、仕事師です。 山岡vs田邊弁護士名誉棄損事件が延々と続いていた。 それが最近の山岡報道です。 20年ほど前だったか、…

続きを読む