若狭勝代議士が進退伺とか。

元検事の若狭勝弁護士が小池百合子都民ファーストの会に参加する雰囲気で、 自民二階幹事長に進退伺を出したという。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000555-san-pol 仄聞するところ、若狭氏はFNNにコメンテーターとして出演していたが(今は知らない)、 タレント業のプロデュースは蓮舫の亭主が世話をしたという。 池尻大橋某所で蓮舫と談笑していた若狭氏らしい。 事務所は有名ソシアルビル経営者脱税事件で大繁盛。 弁護士としては日興コーディアルインサイダー事件で横浜金融業者の弁護をなされた。 横浜地検特捜隊隊長の威光であろうか。 二階自民党幹事長が申される以上に大物であろう。

続きを読む

南青山三丁目と湖雲寺と川崎東田町。そして住友商事。

湖雲寺は住職を「溶かして」、「型にはめて」、「ポンコツかける」典型的な方式で、 有名地上げ物件にして、浅草のほうの仏壇屋もついでに喰い、 仕事師が寺の住職になり、墓地商法、産廃商法で金づくり、 その途中でやくざ含む仕事師が金を掬うつまみ食いビジネスをする。 これが、湖雲寺ビジネス第一段階。 しかし、それだけでは物件が動かないというより、事件が風化しない。 そこで、物件を売る必要がある。 てなわけで、大阪方面のそこそこの有名な企業をビジネスにはめ込み、 いったん風評ローンダリング。 そうして、ともかくも上場企業をかませて外資を連れ込んでくる。 その外資がホテルを建てますという、あるいは言わせるかはわからない。 湖雲寺ビジネス大成功と思いきや、 ポンコツビジネスが続いていたかもしれない。 湖雲寺は物件がランガム@鷹君に移ったらしいのち、 噂ですが、訴訟の嵐らしい。 曹洞宗本山が出てきては訴訟で解決は不可能に近い。 金髪住職も行方不明では訴訟にさえ差し支える。 このようなビジネス企画(モデル)を描くのが絵図師といわれる業界人でありまして、 湖雲寺事件は中絵図師の企画とおもわれます。 1 表参道サーベランス。 これは政治家含めて、プレイヤーが変わる。 ただ地上げ予定地のある物件をいきなり法外な値段で買って、 相場を引き上げつつ、多くの銀行の「飛ばし」の舞台にしつつ、 いろいろな勢力が金をぶち込み、さらに他人にぶち込ませて 都心とはいえ、普通の住宅地を商業…

続きを読む

金田(野口)真紀破産騒動

金田(野口)、リアム、サンフランシスコ・エンタープライズ。亡野口英壽相続財産。 これらの破産。 そして亡野口相続人限定承認。 これらの共通項は金田真紀。 上場企業を嵌めたり、アルデプロの金田さんとよばれ、村上房園よびつけ。 12億の仲介料を取ったといわれつつ、リアムIncの免許更新の帳簿には12億の入金なし。 6億弱で、ほとんど社外に流出していて、それの売り主と思われるものに還流している。 ソフトウエア興業競売妨害事件などサービサー法違反もあるようだし、 代々木駅前開発、湖雲寺、六本木4丁目と事件物件にずぶずぶ。 南青山三丁目も実際の買主がだれかは分からない世界。 PAGやゴールルドマンサックスに金を入れている資本も不明。 意外やどこかの八百屋のおっさんかもしれない。(マジです) ともかく、地上げ登場者の中に出資金詐欺から失踪事件地上げ現場までにまたがる 者がいて、それは一般には知られていない人たち。 単純な破産事件でないことは容易に想像できる。 同時に、だれも金田関連破産事件の記録を持っていないのだろうか。 大経済事件になるはずだが、周りの動きも鈍いし声が大きいだけ。 金田真紀さんは何を言われても平気です。 そういうお歳だし、そういうお方でしょう。 本日の債権者集会にたいする興味は債権者届け出とか、 異議申立人がいかほどいるのかということです。 騒ぎを起こして何もなければ金田真紀さん大勝利。 そういうことです。ただ、それで物事終わるかは別。 本日、東…

続きを読む