金田真紀破産事件の持つねじれ現象。

金田真紀破産が自己破産か債権者破産か。 ここで、 債権者破産として、 ①金田真紀自身が破産企画に関与している場合。 ②金田真紀は除外して純粋に債権者破産をしている場合。 この二例があって、現段階ではそれがどちらかわからない。 (本人に聴くのがいいのですが、集会に来ない位だから答えない。) 破産管財人が共通しているのは破産企画者がいるということ。 金田が破産申立人、もしくは、内実投稿者を探しているというのは、 話が予期せぬ方向に飛んでいるということ。 ともかくねじれているわけです。 さて、PAGという会社も多面的顔を持っている。 10年ほど前にやくざとずぶずぶ取引をしていて、 ソフトウエア興業債権回収では、許永中人脈とコラボ。 (これは内部の裏切り者がいた雰囲気。) 南青山三丁目、湖雲寺現場では、アルデプロの金田さんが仕切ったらしい。 茄子かキャベツ化回し下痢キャンペーンがいまだに続いていて、 確かに大物地上師ではあるが、そこまでの活躍かとも思う。 ただ、今後いろいろ立証されたらわからんですが、 噂話が先行すればするほど、こういう場合、本人は平気なものです。 ところで、 ナスカキャベツ化回し下痢キャンペーン参加を打診されはっきり断ると、 他人の刑事記録を無断使用とか言い始める。 さらによく記憶を喚起すると、九龍城ビルとかの登記について 聴かれる。 そういう事件に関与どころかビルの所在地にも行ったことないのに、 単に登記を聴かれて答えようがない。…

続きを読む

前川次官が出入りする世界、出会い系。

これが投稿 http://sp.sakuradb.com/sakura.php?id=200163&input=19099&PHPSESSID=u06mgc4q7nch2psnqb9tmnobj3 ユニバーサル法律事務所も出てくる。自殺した大山多賀男の弁護士であっるな。 【First Mailの玉置実花はサクラ? アドレス:info@fxm.jp 現在「First Mail」には15人のサクラが報告されています。 サクラの名前:玉置実花 地域:東京都 投稿日 :2010-12-05 記事ID :200163 First mailを調べていたらこんな記事を見つけたので情報提供します。 出会い系サイト「i-color]「First mail」「Free online」「Love+」「フレアイ」を運営する マテリアルグループの実態について 【元幹部Iの告白】 マテリアルグループ(大手出会い系サイトグループ)は、 昭和38年生まれ玉置勝がトップに君臨していた黒幕 右腕は昭和38年生まれの山田信一であり、現在現場でマテリアルグループを率いている人物である。 昭和38年生まれ玉置勝は、20代の時にダイヤルQ2で荒稼ぎをし、 新宿区マテリアル本社ビルを購入。 株式会社マテリアル代表取締役  玉置 勝    (黒幕) 株式会社セクト代表取締役    山田 信一  (ナンバー2) 株式会社マテリアルの役員には、出会い系業界の大物が何人も…

続きを読む

事実は事実で事実である。

野口真紀破産騒動(陰謀)で野口(金田)側から働きかけのような ことがあった。 そのようなことにかかわるには自らのポジションとか、 トラブルの存否、内容、解決方針、解決裏付け、妥当性とかいろいろ 検討する必要がある。 基本的にあり得ないことであり、その後の展開と矛盾することもあった。 この世界はそういうものでありまして、 http://brog.keiten.net/?eid=1097723 (凄腕の女地上げ師まきりん⑬債権者集会) の投稿に冷静で論理的なものがあった。makirin5311.pdf 債権者集会ガンガレと揶揄しましたが、きっちり債権者が破産の公正を 守るアクションを取られたようだ。 ダメ押しで、事実をネットで公開されて、効果が倍増というばかりか、 多くの社会的問題性が明らかになる副次的効果さえ表れている。 それは、PAGという日本経済社会のプレイヤーの 異常性、奇形児ぶりであり、 同時に、そういう存在に寄食する弁護士という生き物を明らかにしたことだ。 破産を利用して、経済闘争で弱者を食い物にするゴルフ村弁護士。 破産村弁護士たちに依存する破産裁判所。 (まあ、これは弁護士に自覚がなさすぎる) そういう現象が南青山三丁目現場で騒ぎとして起きたわけですが、 一方で私事ながら、ライブドアブログを削除せよという、 匿名の要求があり、 新橋4丁目でも弁護士が地上げ事業保証をしていたと思い出した。 1 あると法律経済綜合事務所。 いま誰の…

続きを読む