時代は変わる。事実は残る。

真珠宮ビル事件が始まっていたころ、 新橋4丁目地上げも行われていたこと明らかである。 以下、リーマンブラザース案件登記事項参照 港区新橋4丁目134-10不動産登記(土地全部事項)2016071501862415.PDF 真珠宮ビルは西岡進のアルバイト地上げといわれていたが、 むべなるかな。 さて、真珠宮ビル事件と同じくらい大事件だったのが 東京佐川急便事件。 真里谷カントリー事件は佐川案件であるが、 最近、若い経営者(それでも40歳過ぎ、もちろん普通人) に聴取したところ、石井匡隆も佐川も知らない。 しかし、千葉市原の案件は知っていて、 残土埋め場と養鶏場と太陽光発電というセットで セールスしていたという。 なるほど、 湘南信用金庫が中区の会社通じて資金を回してしまうわけである。 1 真里谷ゴルフ場跡地のオーナー このオーナーが麻布十番Fプラザ5階に入居しているわけで、 捜査当局も菱関係と推察しているだろう。 これは推測を超えて、常識である。 この人脈が「三京」とたんなる2チャンネル風評以上のつながりがあるので、 新橋4丁目地上げは、弘道会O組の仕事であろうかと思うのである。 若い経営者が知らないことは理解できる。 事件があったころは幼稚園児である。 知らないということはそういう世界も知らないということ。 一応注意は喚起した。 今の真里谷跡地が、まったく世代交代人脈後退しているなら、 わたくしは謝罪せねばならない。 だが、人脈は受け継が…

続きを読む