椿康雄有罪、予定通り。

株価操作の元弁護士に有罪=さいたま地裁 (時事通信)(2017/06/26-17:41) 【 電気検査装置製造会社の株価を不正に操作したとして、 証券取引法(現在の金融商品取引法)違反の罪に 問われた元弁護士椿康雄被告(63)の判決が26日、 さいたま地裁であった。 守下実裁判長は懲役2年6月、執行猶予4年、罰金300万円、 追徴金約4億9700万円 (求刑懲役2年6月、罰金300万円、追徴金約5億2800万円) を言い渡した。  守下裁判長は「複数の取引口座などを用意して株の売買を行い、 事件発覚を困難にさせており、巧妙で悪質」と非難した。 一方で、逃亡先のタイから強制送還された後は反省の態度を示していると述べた。  判決などによると、 椿被告は2005年10月と06年11月、 「オー・エイチ・ティー」(OHT、広島県福山市)株について、 高値の買い注文などをして株価を不正に高騰させるなどした。  椿被告は昨年7月まで約9年間、タイに逃亡していた。】 バンコクの住宅街で犬を飼い優雅に暮らしていた、 椿康男元弁護士。ヒルズに大きく事務所を張っていた。 鉄砲取引で(借名)顧客を踏み倒しタイに逃亡。 死亡説も出たが、生きていました。 パスポートも切り替え、ビザも延長できて、 猫組長も住み着こうとした、逃亡者天国バンコク。 逮捕をまぬかれた理由に整形をあげられていたが、 本人が否定しているので、誰かのいいわけでしょう。 ともかく有罪だが執行猶予。 楽…

続きを読む