真珠宮ビル事件後の変化。他分野への進出。

真珠宮ビル地上げは、基本的にヤクザ事件でありました。同時に「東京商銀事件」など、ほかの経済事件とも絡み合いがあり、この真珠宮ビルに後藤忠政本人が当事者として出てこないと、収まらない側面があった。「赤富士」と「菱和ライフ西岡」という二大スター(ギャング)が注目され事件化されたわけで、まず、原本不実記載事件だけで捜査が進められたのは、そういう誘導がされていたわけです。奇しくも、その当時の東京地検担当公安部長が若狭勝弁護士。この事件後に、検察をやめて、日興コーディアル吉岡のインサイダー事件弁護人になった。同時期に検察を暴行事件でやめたT弁護士もソシアルビル王丸源脱税事件の弁護人として登場。(丸源川本社長は巨額報酬に驚愕したという。)外資と組んで仕事をしていた、横浜のK金融と富士薬品銀行から100億のファンドを与えられ、地上屋業をしていた日建が大森記念病院争奪戦で、日建が破産法違反で逮捕され、この大森記念病院は横浜金融業Kが、日建を逮捕させて、勝利しましたが、日建大森記念病院事件刑事事件では、次に誰が事件化されるか、検事冒頭陳述を聞いていればわかるありさま。さらに、横浜の金融業K事件(同時に吉岡事件)を傍聴して、高橋利久、榊原、広島の前田と検事が名前を読み上げていた。マスコミは日興コーディアル吉岡の無罪弁護に群がりましたが、金融業Kは若狭弁護人事件指導で執行猶予戦術に変更。こういうことが、次にマンハッタンインベストメント松尾デート商法事件騒ぎになるのが関係している。理由は日興コーディアル吉岡の事実上の弁護…

続きを読む

真珠宮ビル事件後の変化。 イディアル小笠原と西岡の違い。

    イディアル小笠原と西岡の違い。新橋4丁目事件の物件地上げは、西岡の弁護士が裁判所で語ったように、「都市型再開発」であります。この早稲田卒の弁護士は上手く西岡を説明した。事件不動産屋と位置付けられたら、西岡に無罪判決は出しにくい。狭小物件蝟集地で都心でネームバリューのある所。トラサン、トライチ、南青山三丁目こうすぐ浮かぶ。鹿児島県大字だっぺ字御じゃっぺ地先これでは地上げになるわけない。小さい物件を、それなりの相場で買い、その物件をまとめて、400坪とかにすると、坪1億であれば、400億になる。その一部一坪を2000万で買うから、原価80億、320億利益。こういう経済行為ですが、昔と違って、狭小地主が欲深い。昔、ある業者がインド大使館近くの借地を坪3000万くらいで地上げして、合意も得たが、地主は、金を見たことのない人。明日になると4000万と思いがちで、その話を断った。いまでも連棟借地長屋がある。こういう現実を乗り越えて茄子屋さんも頑張っていて、そういう部分はやはり評価すべきと思います。茄子屋さん地上げ現場はトラブルになるが、そういう難問を解くのが楽しみみたい。オタク茄子です。だが、深刻な問題も周辺に出る。こういうのは、浮世の患いといいまして、他人がとやかく言っても始まらない。 1 都市型再開発が白骨遺体事件現場に一瞬で変わる。天国から地獄にかわる瞬間です。さて、真珠宮ビル事件で逮捕された、イディアルと菱和ですが、この新橋4丁目地上げで、リーマン手先として、行動していた、イディアルは、この…

続きを読む

地上げは金を出した人が中心。マッチとポンプにご用心

新橋4丁目事件で、ある意味、茄子かキャベツ非難が沈静して、最近、某上場企業オーナーのことが喧伝されている。(アクセスジャーナル、週刊0510、東京アウトローズ、日本タイムス)そのオーナーとは西岡進です。 真珠宮ビル事件と登場人物が重なり、元地主行方不明、白骨遺体というわけで、注目が集まる。当然後藤組ということになり、後藤組を探せとなります。こういうのは、加計学園騒ぎと同じ。希望が先で事実が後。まず事実を抽出しないと、事件にさえならない。茄子のどこが喰えないか、ウエストのなにがイーストなのか。そこを考えたい。 1 K・T・Tに金を出したのは誰か。ウエスト物件.pdf地権者高橋土地上の建物の一つ。ウエスト・西岡進.pdfウエストは西岡の会社で、その存在は知られていたが、みな特定できなかった。この、建物底地は、京栄→中央都市管理→京栄→NTT都市開発というながれでNTTに権利移転されている。三京・CK・平和興産のセットと同じで京栄→中央都市管理→京栄→NTT都市開発この時系列権利移転はNTT都市開発から見たら、ワンセット。新橋4丁目134-1土地はNTT名義になったなら、NTTからすれば、このウエスト物件含む三軒の借地上建物は滅失されるか、NTTに所有権が移転されるべき。それが、昨年1月に連件でK・T・Tからウエストに所有権移転がされている。これは、ウエストがK・T・Tに金を出していて、その金がNTTからの12億で埋められていないというのが、経済行為上の常識でしょう。http://nippon-ti…

続きを読む