読者の傾向と対策。

人殺し地面師は多数いまして報道されなければ世間にはわからない。 伊勢原駅前ビル地権者殺人事件が明らかになったのは、 幸平一家元総長(死刑囚)の告白です。 今頃になり、告白した元総長は警察に非協力的になり、 死体が地中から出ても捜査は難航している。 元々、正義のために殺人告白したのでなく、 徹底的な自己都合者の告白ですから、 そこには都合とヤクザの事情がある。 ヤクザの行動原理ゆえに、 「殺人事件」で特別な刑法と刑事訴訟法が昔から運用されていて、 真珠宮ビル事件捜査で後藤忠政などに対する捜査が行き過ぎと 批判したマスコミ、裁判所などがあった。 ところが野崎和興、近藤毅(政竜会本部長)、JR東日本専務自殺(?)、 逮捕され無期懲役で服役中の石原正也後藤組政竜会会長は 受刑中に死亡。それが自然死か異常な死か公表されないし、 そもそも死んだことさえ一切報道がない。 新橋4丁目事件、南平台・目黒三丁目地権者姉妹行方不明事件、 そして五反田海喜館事件ときて、 一部の業界人(公私含めて)は野崎和興殺人事件で 政竜会会長が逮捕され無期懲役なのになぜ、後藤組組長 後藤忠政が逮捕起訴されないか不思議という意見に納得が深まった。 1 当ブログの読者は登記を見るか、読むか。 登記とか訴訟記録とか情報の宝庫で、嘘もあるから、すべて真実とは言えない、 しかし、 あえて嘘登記を入れることもメンドイわけで面白いから入れているわけでない。 嘘登記かどうかは、事実が先か登記が…

続きを読む