五反田海喜館63億の流れ。

池袋のKの印鑑証明(名義はKでない、なりすまし印鑑証明) が、使われたと報道された。 その「なりすまし印鑑証明」は偽造か変造かもわからない。 ただ、変造であるなら登記所はそれを見分けられないから、 登記はなされやすいでしょう。 そこで、 IKUTA権利者とする仮登記は変造印鑑証明で行われたとする。 さらに連件で積水を権利者とする仮登記が行われた。 「なりすまし」→「IKUTA」→「積水」 このような登記があった。 この逆に、金の流れがあるでしょう。 詳細が報道されていないが、 登記の逆、「積水」→「IKUTA」に10億預手と5憶現金が渡ったとします。 つまり、積水はIKUTAと売買契約しているはずです。 IKUTAと地権者が契約していれば問題になりようがない。 結果は、IKUTAは「なりすまし」と売買契約したはず。 売買契約なければ地面師共犯で正犯ですから。 残金もIKUTAにわたっている。 IKUTAの名刺を使う某にわたっている。 1 所有権移転請求権者「積水」を権利者とする本登記 この登記義務者は誰かと考えると、 やはり地主さんEさんでしょう。 するとEさんの印鑑証明や権利書が必要です。 このEさんのなりすましが池袋Kとする。 しかし、積水に土地を売ったのは「IKUTA」です。 ですから、積水と「真実地権者E」あるいは「なりすまし」との間に 契約関係はない。 ですから池袋Kは積水に対して法的関係性ないし取引もしていないから、 63…

続きを読む

五反田海喜館報道のすごいところ。

ゲンダイビジネスから記事が出ました 待っていたかのような充実した内容です http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52480 まず パスポート情報が報道されている。 (現代メディア) 一部引用させていただくが、 この引用したパスポート情報の詳細が 東京アウトローズ記事にある。(そちらもご覧ください) http://outlaws.air-nifty.com/news/2017/08/post-ffee.html 【一行情報】 本誌独占入手!東証1部「積水ハウス」が最大被害63億円、東京・西五反田「海喜館」事件でつかわれた偽造パスポートなど関係書類 東京アウトローズは、 ①発行、失効年月日。(2008/6/10 - 2018/6/10) ②性別 女性 ③生年月日 1944年7月16日 ④発行場所 TOKYO ここまで公開している。 現代メディアによれば、女性は池袋のKだそうな。 さて印鑑証明についても同様に比較してみよう。 (現代メディア) (東京アウトローズ)直接ご覧ください http://outlaws.air-nifty.com/news/2017/08/post-ffee.html 【一行情報】 本誌独占入手!東証1部「積水ハウス」が最大被害63億円、東京・西五反田「海喜館」事件でつかわれた偽造パスポートなど関係書類 http://outlaws.air-nifty.c…

続きを読む