その2、、積水63億、新橋4丁目12億、真珠宮ビル0憶。

積水63億と新橋4丁目事件。この二つの事件は不動産登記詐欺で共通しており、手口も似ているというか、まあ論理的に同じになる。そこにだけ目を付けると、実態が分からなくなる。そういう風にわからないようにかき混ぜるマスコミもいる。ビジネスですから、ネット誌もマスコミ誌も同じ。積水は大手上場不動産屋。NTT都市開発も同じ。さらに、背後で動くポンポコリンも同じ。それなら、五反田事件と新橋4丁目事件と同じではないのか。同じ部分が9割でも、本質が違う。 1 五反田海喜館事件は犯罪そのもの。海喜館事件は、前提に地上げがあるか。積水の仕入れがあって、それに乗じた、不動産詐欺。これが実態で実は犯罪そのものです。真珠宮事件は、会社銀行預金9億円弱かっぱらいがあって、それもついでで、JR東日本が物件を買うだろうという見込み、情報を得て、そこから地上げに入った。どうじに地上げ話を利用した詐欺もある。ある時期、転売を狙って西岡進が物件を手に入れた。その前提に、野崎和興が浅井健二らの調停案を蹴って、上場企業菱和ライフをネットマスコミなどつかい、同時に訴訟などで追い込み始めた。それに困った西岡が後藤に物件を取らせて、同時に、後藤組が邪魔な野崎を殺しました。こういう複合事件でありまして、この事件を解決する気は刑事警察になかった。いや、当時の政治情勢にはなかった。後藤組は、第4権力含む、ある権力の走狗でした。 2 後藤組除籍ということと山口組代替わり。スワット事件も基本はチンコロです。山健組若頭、弘道会組長、芳菱会組長をチンコロす…

続きを読む