真珠宮ビルの行方

キャラメルひと箱110円、真珠宮ビルはおいくらでしょう。真珠宮ビルが公売になった時、21億くらいの最低入札価格がでた。中央線の弁当屋・不動産屋が33億くらいで入札した。33億というのは、根拠というか、世上に出回っていた価格の一つ。30億というのもあったし、28億でいいという話もあった。それぞれ根拠があるお話でしょう。野崎和興殺人事件の刑事公判で検事冒頭陳述は「時価43億円の真珠宮びるを、、、こういう科白で開始された。33億で買えば43億で鹿島建設が買うというお話に基づくものでしょう。 1 真珠宮ビルは売れた。でもまた売り歩いている。売り主は誰でしょうか。ヤクザ屋さんは税金は払いたくない。まあ払わない人がほとんどでしょう。真珠宮ビルが公売で誰かに落とされたら、買った人はコンプラにかかるでしょうか。微妙ですが、特段の事情がないならかからないでしょう。ですから、前回の公売に入札者が出たというとき、真珠宮ビルの行き先は決まったと思った。ところが、不測の公売取り下げ。再競売にもならず、任意で売却された雰囲気。 2 公売で物件が処理され、資金が公のルートで流れると、  税金とか、原価公開とかメンドイ。真珠宮ビルの売却の瑕疵みたいなものは治癒されたような外形がある。(株)真珠宮と赤富士の和解とか。しかし、そういうことで押し通せる物件でないし、鴛淵一俊フィリピン監禁など隠しようもない。ですから、公売、競売の処理は買い人には便利ですが、真珠宮ビル売却代金受取人には負担です。資金の流れを追われたら脱税とかいろいろ…

続きを読む