新橋4丁目、海喜館、真珠宮と報道。そして加計学園。

下記はネット報道された、パスポートコピーである。これは偽造で、池袋のKの物という。それならパスポート名義人は池袋のK名義ではないだろう。こういう資料は犯罪実行グループか警察から流出していると考えるのが時期的に自然である。これは時期的に捜査誘導をしていると考えていいだろう。この詳細版はネット誌、さらに情報が絞られているのが、講談社から出ている。講談社側は茄子やI垣、坂上雅夫、四国及び名古屋のヤクザ組長らが、真珠宮ビル売買で逮捕された時、間髪を入れずに報道していたが、書いたものはよくわからんで書けるという天才である。 さて、上記情報内容が虚偽の物であれば、個人情報保護の必要はなく、わたくし的には、この「パスポート外形物」が変造か偽造かということに関心がある。なぜなら、変造であれば、東京都が造ったもので、虚偽内容パスポートが簡単に作れるということであり、2008年から意図をもって東京都をして、虚偽パスポートを発行させたということである。偽造であるなら、その偽造パスポート製造者の技術や、パスポートの台(材料)をどうやって手に入れたかである。こういう、積水から63億円を詐取した実行犯グループの手口を解析する意図があるならこの報道にも価値がある。ただ、捜査対象を増やすだけというなら、やめたほうがいいでしょう。 真珠宮ビル事件の時にも、口を極めて捜査批判していたものが複数いまして、その真意がわからなかったですが、年数を重ねれば、事実は風化するようだが、その隠ぺいシールも風化し、捲れたあとに犯罪事実が新鮮…

続きを読む