真珠宮ビル事件後の変化。他分野への進出。

真珠宮ビル地上げは、基本的にヤクザ事件でありました。同時に「東京商銀事件」など、ほかの経済事件とも絡み合いがあり、この真珠宮ビルに後藤忠政本人が当事者として出てこないと、収まらない側面があった。「赤富士」と「菱和ライフ西岡」という二大スター(ギャング)が注目され事件化されたわけで、まず、原本不実記載事件だけで捜査が進められたのは、そういう誘導がされていたわけです。奇しくも、その当時の東京地検担当公安部長が若狭勝弁護士。この事件後に、検察をやめて、日興コーディアル吉岡のインサイダー事件弁護人になった。同時期に検察を暴行事件でやめたT弁護士もソシアルビル王丸源脱税事件の弁護人として登場。(丸源川本社長は巨額報酬に驚愕したという。)外資と組んで仕事をしていた、横浜のK金融と富士薬品銀行から100億のファンドを与えられ、地上屋業をしていた日建が大森記念病院争奪戦で、日建が破産法違反で逮捕され、この大森記念病院は横浜金融業Kが、日建を逮捕させて、勝利しましたが、日建大森記念病院事件刑事事件では、次に誰が事件化されるか、検事冒頭陳述を聞いていればわかるありさま。さらに、横浜の金融業K事件(同時に吉岡事件)を傍聴して、高橋利久、榊原、広島の前田と検事が名前を読み上げていた。マスコミは日興コーディアル吉岡の無罪弁護に群がりましたが、金融業Kは若狭弁護人事件指導で執行猶予戦術に変更。こういうことが、次にマンハッタンインベストメント松尾デート商法事件騒ぎになるのが関係している。理由は日興コーディアル吉岡の事実上の弁護…

続きを読む