海喜館の怪奇(週刊0510)

http://polestar.0510.main.jp/?eid=876645クリック 2017年8月23日配信「被害額63億円!――『五反田・海喜館地面師事件』に浮かぶ七つの謎」<事件> 見るべき内容の記事が出た。残念ながらマスコミには報道できない記事。一部メディアの地面師報道の批判も結果的にしている。それは「週刊0510」の海喜館事件整理報道である。問題点を七つに整理されていて、わかりやすい。 1 その指摘第7「 近時、この種の事件が多発していることを思えば、国民の耳目を集めた”怪奇館事件”の解明は、警視庁捜査2課の威信をかけて総力を傾注すべきであろう。」こう指摘されている。真珠宮ビル事件捜査は暴力団事件捜査で捜査4課の事件。本命の殺人事件をネグって原本不実記載で捜査し結果はおかしなものになった。その後に殺人事件捜査はされたが、動機ある者や実行行為者(ほう助者)などの捜査は不思議にパスされて、新橋4丁目事件が白骨死体により明らかになり、ふるい事件が再び一部で注目されている。 この「週刊0510」指摘の捜査2課が詐欺犯罪の専門。この怪奇館事件にも暴力団の関与はある。それが、指摘されている小山某であり、主に後藤組フロントの関与があると思う。 しかし、この事件は不動産登記詐欺であり、事件実行犯を摘発することが最重要であるが、残念ながら、この種の犯罪を常習的ビジネス的に行うグループの社会学的分析やデータの集積をすることが先であろう。相手の姿や目的がわからなければ抑止さえできない。 成城学…

続きを読む