大雨と産業廃棄物不法投棄。

http://www.asahi.com/articles/ASK8L7G76K8LOIPE03K.html?ref=yahoo岐阜の中央道に土砂、4台巻き込まれる 6人重軽傷(上記 朝日デジタル)中央道で土砂崩れ ドライブレコーダー映像(中日新聞 電子版) 1 岐阜の窯業会社の確信的不法投棄。高速道路の路側わきの法地に岐阜の窯業会社が土砂を日常的に不法投棄。わからないように植林までしていた。それが大雨で土砂崩れ土石流となり、高速道路上に流れ落ち、走行中の車が乗りあげ事故。こういうのは、道路公団(NEXCO)も運転者も防ぎようがない。 2 不法投棄の理由。コスト削減。儲かるからです。こういう、確信的不法投棄ですが、事故が起きると、地元に重大被害。その被害態様は様々で、意図的に産業廃棄物を受け入れ、最後まで焼却せず、ある北陸某県某市に90億の被害を与え、意図的破産で逃亡した企業。藤沢市内で、産廃場申請して、途中で資金不足になると事実を隠して破産申し立て。その産廃許可だけを手に入れようと、K井弁護士が歩き回る。結局、ヤクザがいいとこどりで巨額利益を得ようとする。そういう現場で適法な産廃処理をするわけない。鹿島建設D滑走路建設ゴミ不法投棄事件。そういうのには、マッチポンプ的産廃事件師や政治が絡んでゼネコンに食い込み喰いまくる。自分が捨てさせたゴミに行政代執行をかけさせ、不当な利益と恐喝を続けるありさま。 3 地面師業界から産業廃棄物業界へ移動するヤクザ集団。その巧妙な仕事ぶりが明らかにされるか…

続きを読む