歴史学派的地上げと選挙???

革命が理論を証明するロシア革命でしたが、結果がすべてという歴史学派がマックス・ウエーバー?。(この人の理論は誰もわからないから適当でいいと思う。)さて、心情倫理と責任倫理ということがいわれて、政治家には責任倫理結果責任が問われるとゆうとりました。ですから、結果を見ればいい。すると、安倍政権下の選挙で結果を出したのが与党。野党は三分裂してしまいました。確かな野党と立憲民主党以外は、ムード歌謡みたいなものでありまして、実質野党は二つだけ。この確かな野党は党是があるようですから、党是を離れられない。55年体制のまんまでこれから政治をしてくれれば、鵺のように変幻自在の自民党には御しやすい。いつも棒銀で戦う将棋プロみたいなもの。(ヒフミン政党確かな野党と仲間たち) 1 政治家の引退と戦前の特別高等警察。高村代議士引退。平沢代議士引退、息子落選。まあ、戦前の治安警察の系譜が消えてゆく。安倍総理は敬して遠ざけることができるようになった。憲法改正ということでも、マスコミ以上に考えている。一応論議に載せただけで、日本の場合事実上改正したようなもの。非理法権天。これであります。共謀罪と同じ。 2 南青山地上げの歴史的考察。☆昭和バブルがあって、協和銀行がつぶれて、計算センターなどがサーベランス支配下の債権回収会社のものになった。南青山地上げは、多くの地上げ屋が刺さっていて、バブル崩壊で皆損をするわけですが、そこは、お利口に立ち回り自分だけ得する絵図を描くものがいる。まあそういう絵図師が利用するのが政治家達。糸川議…

続きを読む