組事務所と取得資金。

暴力団組事務所の機能。そういう事務所に行ったことがありますが、偶々入っただけで覗いたようなもの。某会の赤坂の事務所には、白い羽織はかまの上部団体組長の写真がかかっていた。まあ、しょぼこい事務所です。(上部団体ぐるみで消滅した。)しかし、通常の建築関係会社事務所というのがあって、なんとなく雰囲気が似ている建築会社事務所(不動産屋おなじ)、というのは、そういう系統が一部入っていると思う。組事務所は広告塔でもある。同時に組織の暴力装置の駐屯所。暴力団とは暴力装置をもちそれを利用してビジネスをする団体ですから、組員が常駐する場所がないと実体組織として機能しない。ずいぶん前に、稲川会を破門になった人々が集う場所が麻布十番にできた。こういうことが意味あるのかというと、組本体にそれをやらせない力が減ってくるから、反対勢力が事務所まで作る。事務所維持には金がかかるから、当然稲川会破門組にもそれなりの経済的背景ができたと判断していいでしょう。歌舞伎町に福島連合の組事務所ができたときに、山口組の変化があったと、いまになればわかってきました。どうように、逆の類似した動きがあれば、ヤクザ勢力地図が変わったという事。ヤクザ組織はメンバーがいて成立する。組長がいれば組員がいるのですが、組員がいるから親分がいる。組員1000名といわれた組織のトップに子分がいなくなることある。それが一人親方と最近呼ばれていて、伝統組織でそういう存在になったのが、「一心会」です。現代ヤクザは広報にも堪能で組織の表面と裏の顔がある。 1 西成にあ…

続きを読む