敵を知るのは、簡単。千里馬金剛山も裸興業タレントと知れ。

自分を反省し総括できない。反省。すみませ~ん。猿でもやっている。あうふへーべんです。AIです。パコリーヌはアヘアへです。 1 目下の敵は、北の走狗。これは日本に多数いる。自覚できない人多し。 まず、文在寅。やはり脱北者で、親せきが北にいる。オモニは苦労された。勉学に励んだが、受験オンリーで、孔子、孫子、孟子、荘子は漢字読めないから読まない。まあ、受験秀才。(E野各丸に似ているかも。宇都宮師団、、、埼玉五区、、、、)生い立ち[編集]1953年1月24日に巨済島(慶尚南道巨済郡、現・巨済市)の巨済面明珍里南井村[3][6]で二男三女の長男(姉(1949年生まれ)が1人、妹が2人(1955年生まれと1957年生まれ)、弟(1959年生まれ)が1人[7])として生まれた。両親(父・1920年生まれ、母・1928年生まれ[7])と姉は朝鮮戦争中の1950年12月に現在の北朝鮮の咸鏡南道咸興市の興南区域(当時は興南市)から興南撤収作戦(朝鮮語: 흥남_철수_작전)の際に、米国の貨物船「メレディス・ヴィクトリー(英語版)号」に乗り脱北した避難民[8]。 祖父母は北に残したままだった。父は巨済島捕虜収容所(朝鮮語: 거제도_포로수용소)で労働者として働き、母は鶏卵売りの行商をした[9]。小学校入学前[10]の6歳の時[7](1959年[4])、釜山市影島区瀛仙洞に一家で転居。在寅の母と下の妹は2017年5月現在も影島に住んでいる[7][11]。一家が釜山にきてから父は統営、馬山、麗水、木浦などを回って[…

続きを読む

スルガコーポ?円環構造。

こういうことがある。 1 まず旭鷲山の早稲田入学から始まる。これは小渕が一肌脱いだ、スポーツ留学。1991年に大島親方(元大関・旭國斗雄)がモンゴルで行った新弟子公募に応募し、170人の応募者の中から旭天鵬、旭天山らととも選ばれ初のモンゴル出身力士として来日し、1992年3月場所で初土俵を踏んだ。入門当初は稽古の厳しさや日本の生活習慣に馴染めず、共に来日したモンゴル人力士6名のうち旭天山を除く5名が部屋を脱走して駐日モンゴル大使館に駆け込むという出来事を起こしている。しかし、この時はモンゴルの実家まで来た師匠・大島親方に説得されて再び部屋へと戻った。旭鷲山はモンゴル出身の大相撲力士の先駆者であり、多くのモンゴル人を各相撲部屋に紹介し入門させた。後述のように早稲田大学に入学し此処で様々な示唆を受けたことによりベテランの域に入ってなお成長を見せた。特にモンゴル人力士の懇親会である「モンゴル会」を始めたことはモンゴル人力士同士の交流に貢献してきた[1][2][3]。モンゴルの子供の育英や貧しい人への援助を名目に「旭鷲山発展基金」を設立し、寄付を集めて各種の援助で国民に奉仕したことにより、母国では英雄として朝青龍を凌ぐ人気があるとも言われる。ウランバートル市議会議長からは、ウランバートル名誉市民の称号が贈られている。 まあ、頑張ったわけです。しかし、相撲現役中、タブーだったが、誘われて六本木でフグ屋をやった。失敗、(旭鷲山のせたやつはもちろんS会) 相撲 大島部屋にトラックで突っ込んだ住吉会のヤクザ…

続きを読む