女帝列伝。

今は亡き、三越の女帝「竹下みち」であります。高橋治則邸のそばに屋敷を持っていた竹下みちこと小島美智子。女の顔は請求書。三越が多額の金を払って、まあ事実上倒産でした。払った社長は裁判中死亡。そして女帝は最近亡くなったらしい。デパートガールから女帝になったのが、高島屋岩谷直美。http://outlaws.air-nifty.com/news/2017/05/m-051b.htmlhttp://b2ch.net/blog/archives/news-1422岩谷は高島屋総会屋事件で摘発。互久楽会西浦勲も逮捕。龍神興業の金を運用してしまうデパートガール。龍神具会長はその後、38口径弾を4発浴びて死亡した。その西浦勲の息子の事務所が門前仲町にある。M資金詐欺(マネープログラム)はなくならない。そういう詐欺にかかわったというだけで、現在の日本では会社代表はできない。過去、大日本印刷、全日空大場とそういう会社人物でさえM資金を引きたい。巨額資金を帳簿外で引っ張りたいのには理由がある。金がないからです。あるいは、簿外債務がある。そういう事実を放置すれば、オリンパス、東芝、その他いろいろになるのです。 いま、報道で名刺付きでM資金報道がある。真偽は分からないし、M資金融資あっせん料など払っていなければ詐欺も成立しない。冷静に対処したいものです。ただローソンプレジールは問題だと思う。 1 女帝がでてくると会社がつぶれる。そういう女帝の代表がそして、そのミニ版そういう会社を喰う女たちが死んだり、老いた後、あたらし…

続きを読む

記事紹介

なるほど 情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)<ミニ情報>「週刊報道サイト」の佐藤昇発行人が音信不通

続きを読む

日本相撲協会報道と安倍報道。

貴乃花が事情聴取に応じないから処分だ。こういう議論がマスコミでなされている。貴乃花が悪いという論調、いや、貴乃花潰しです。 1モリカケ、ソンタク、タカノハナ、ナスカキャベツカ回し下痢。安倍夫人まで話題にして朝日新聞が安倍が~~~~とさわぐ。それをテレビで八戸の銀座ホステスが割れ声で唱和する。ビールビン暴行をタカノハナ~~にする。同時進行で深川八幡一家心中がおきる。 事実がどこにあるか隠ぺいしているのでしょうか。 2 モンゴル八百長互助会がタカノハナ~~~処分になる不思議。朝日新聞をほとんど読まないで、ある部分を読む人がいる。特定の論説を読むことで、対中関係や政治の動向がわかるからです。そういうことがなくなったのが現在の朝日新聞。ですから、対中関係取材などできなくなった。 憲法論議は9条だけでなく天皇制議論もある。 天皇機関説を極限まで突き進めば「月刊ハナダ」になる。すると、消火器を撒く奴が出る。そういうのは思想かもしれない。テロかもしれない。 9条も国防軍から、現状運用をやりやすくするまである。自衛隊明記したら、現状運用しやすい。それをさせたくないのと、国防軍が野合するかもしれない。 日本相撲協会のモンゴル互助会でさえ、マスコミ・NHKは問題にしたくない。視聴率金だからです。 3 マスコミ論調の中に異論が出てきた。モンゴル互助会と発覚と八角。土俵が違えば別のルールです。 別のルールでやられたら笑うか泣くか。笑っとります。金正日将軍の歌

続きを読む