同情するなら金をだせ。

河野外務大臣がミャンマー訪問をするようです。ロヒンギャ問題をスーチーと語るでしょう。 1 ロヒンギャ問題は存在しない。ミャンマーにロヒンギャ問題はないと公式にミャンマー政府は言明する。カナダの首相がスーチーにロヒンギャを語っても、スーチーは無言でした。ミャンマーでロヒンギャ問題はないのです。 2 古いロヒンギャと新しいロヒンギャ。古いロヒンギャというのは植民地時代にイギリスが連れてきたイスラムの暴力装置です。これはいまミャンマーパスポートを持っている。インド系のミャンマー人もいて、イギリスが連れてきた。ハッキリ言って、ミャンマー人は嫌っています。新しいロヒンギャは、近年、西から歩いてやってくるイスラム教徒です。勝手に入ってきて、集落を作る。イラン人はアウトカーストイスラムといいます。カーストはペルシャの思想です。いまバンコクにもたくさんいる。こういう現実があって、ミャンマー的に言うと、カナダの首相の言うロヒンギャ問題はない。こういうことだと思う。 3 ロヒンギャとバングラデシュ国境問題は植民地政策の遺産。ミャンマーは国境問題も抱えている。それは相手も同じでしょう。バングラデシュとの間に、三つ島があって、いまアメリカが使っている。 4 ミャンマーにロヒンギャ問題を言ってもそれは存在しない話。スーチーの外交顧問のイスラム教徒弁護士がヤンゴン空港でインドネシアから帰ってきたとき殺された。そういうことは、ほとんど問題になっていない。マレーイスラムに国粋主義あれば、ミャンマー仏教徒にも国粋主義がある…

続きを読む

コメント紹介。

王俊彦http://cosmos.iiblog.jp/article/450109361.htmlある債権回収妨害事件調査をいたしていたときに、昔の不動産業者(許永中と一緒に逮捕された)がでてきて、某県警の元お回りの不動産屋、そして静岡三悪人がでてきて、不可解な結果に終わった。そのとき、ソフトウエア興業役員から聴いた名前が王さん。同姓同名が二階議員を脅したのでしょうか。 そういう投稿があった。(コメント者は確言していない) そのコメントが以下のものです。http://cosmos.iiblog.jp/article/455662941.html#comment【二階俊博・自民党幹事長が中国人ビジネスマンに脅されていたhttps://www.news-postseven.com/archives/20171220_638489.html クリック↑事件が弾けたのは2017年9月26日、折しも衆院解散の2日前で、小池百合子・東京都知事の「希望の党」結党宣言で政界に激震が走り、国民もメディアに視線を釘付けにされていたタイミングだった。その日、警視庁捜査一課の捜査員10数人が中国籍の会社経営者・王俊彦氏の自宅や関係先に捜査に入り、王氏を逮捕した。↓同一人物だと良いですね(^_^;)http://dp45133329.lolipop.jp/maki5311.pdf2017年12月20日 22:34 その後、事態は不思議な展開を見せた。 逮捕から9日後の10月5日、直哉氏の代理人は王氏の代理人と「王氏は…

続きを読む

Meth

https://www.afp.gov.au/news-media/media-releases/taskforce-makes-largest-meth-seizure-australia%E2%80%99s-history 豪で870億円相当の覚せい剤押収 過去最多、中国からか ... - AFPBB News オーストラリアのジェット戦闘機が北朝鮮の麻薬船を撃沈

続きを読む