論理矛盾、行動矛盾そしてアウフヘーベン、責任倫理。

正(定立)及び反(反定立)の矛盾が合となり、あたらしい展望が生まれる。よくわからんがヘーゲルであります。豊洲は危険が危ない、隠ぺいだと、マスコミぐるみで風を起こした小池百合子知事。いまの「緑の狸」であります。東京ガスの工場跡地を高く買いすぎた石原メパチコたちはよくない。買うのでなく、罰金を科して取り上げていいくらいでした。狸は、危険だと言った。それなのにそこに移転する。これは論理も行動も矛盾です。いま、それを問題にしたこと自体が私の功績と言う。まあ功績ないやつらを風で吹き飛ばしたということですから、功績を言わねばならない。弁証法と言えるでしょうか。二年を無駄にした。コストは上がる、労働者は泣く。【小池百合子】豊洲移転日決定も『遅れたのは前任のせい!』自分Fに市場幹部ブチギレ!! ヘーゲルとくれば、マックスウエーバー(ムリクリでしょうか。)「責任倫理」これが政治家に必要です。結果責任です。公明党はいま狸に立ち向かっている。公明党は節操がないように見えるが、支持者の負託にこたえようとするいいところがある。責任を感じているのです。 1 落語で学ぶ女郎花。古今亭志ん生(五代目) 子別れ(上・中・下)* 「朝寝が好きで、酒好きで、長屋歩きの金棒引き、ぬか袋さえ他人任せ。やはり野に置け蓮華草」 緑の狸は、金棒引き、 2 落語で学ぶ、泥の中から水仙。 落語 「紺屋高尾」 三遊亭圓生

続きを読む

富岡無理心中、日本モンゴル八百長仲良しクラブ、モリカケ学園。

第4の権力、報道権力であります。無理を通せば道理が引っ込む。政局さえ作れる日本マスコミであります。「東京都政仲良しクラブ」は存在したか。それは存在したと思う。その仲良しクラブ批判で、マスコミが風を起こし、小池百合子が都知事になりました。国政選挙にも風を起こした。モリカケトヨスだ忖度だ。さて、結果は与野党の関係はかわらず、問題はそのまま、そして野党同士の関係性が明らかになっただけ。確かな野党は原点に戻り、蓮舫が立憲民主党に入れば、ますます野党の本質が明らかになる。小沢一郎と山本太郎の仲間関係は切れたのでしょうか。いま小池百合子は「緑の狸」と言われている。築地市場の豊洲移転を正式に決めて、結局政策的に元に戻した緑の狸。2年の期間を無駄にしたわけですが、いやはや、建築、土木の末端まできわめて深刻なことになってしまった。大工というのは総合職の職人でありまして、大工は足りない。そういうのはすぐには養成できない。いま街場で家を建てているのは、ハウスメーカーの下の職人さん方。合理的でいい建築物を作る。それは工業製品です。それの対極が鉄道建設とかトンネル。一品生産品で職人は総合的技術を持った人が必要。2号線道路にトンネル作るといって、緑の狸の号令で潜って死ぬ奴はいない。狸が自分で掘ればいい。大工は大「八」でないのであります。こういう大失敗を東京都がしてくれると、世の中の建築業界が狂うわけで、必ず反動が来て、建築大不況がきます。両極化して、半端な「大八」以下「大六」あたりが窮乏化して、あちこちで雨漏りがして倒壊した…

続きを読む

ゼネコン4社捜査。

大林組が家宅捜査され、鹿島以下がそれに続く。10年くらい前から、月一度くらい集まりを持っていたということらしい。同業他社との集会ですから、談合をうたがわれてもしかたない。さて、東京オリンピック、築地市場移転など課題を抱える東京都の事業企画にゼネコンが応じない。これも談合でしょうか。談合事件というのは工事業界にありがちで、通常のすり合わせと紙一重です。競争入札の建前で鹿島と大成が争えば、限られた生産要素に無駄が出る。現在の土木工事業界の職人さん不足状況では特に調整が必要です。リニア新幹線工事は長期にわたる工事ですし、職人さん養成と公共工事を調整してゆかねばならない側面がある。東京都の事業企画がうまくゆかないのは、知事に代表される行政への不信。生活に密着する都知事部分を朝日新聞人気で選んだのですから、知事人気で仕事を受けるプロ土木屋はいない。森友学園も忖度政局をつくったが、どうも失敗のようでその森友認可事業に最初にダメを出した、松井府知事ですが、申請事実と結果のあいだの金の不足を指摘しただけ。申請内容と結果が違って、認可を出せば松井府政が崩壊する。こういう事実をみれば、安倍さん忖度音頭は無理でしょう。加計学園も、参入規制をかけていたのが与野党で、とくに石破茂はひどいですね。加計学園入学希望33倍。いや朝日新聞ステマは有効です。 さて、談合ですが、過去の埼玉談合と政治では、中村喜四郎代議士が今回も当選。地元では冤罪と思っている。そうだと思う。同時に相手方鹿島は談合大魔王清島信二がいて、これは存在が談合…

続きを読む