「週刊報道サイト」と「ブラック告発新聞」

「週刊報道サイト」と「ブラック告発新聞」は記事の中身が同じです。報道サイトhttp://hodotokushu.net/kaiin/kiji20150217e.html告発新聞http://b2ch.net/blog/archives/news-553http://b2ch.net/blog/archives/news-543 微妙な違いはありまして、週刊報道サイトの素敵なカッパ人間写真は削除されている。しかし、ブラック告発新聞には掲載されたまま。その記事の一部、黒木正博の写真は載せられたまま。まあ、これは大手マスコミの記事転載だから、消す必要はないのかとも思います。(ただ黒木正博本人は、消息がきえて相当たつ。)週刊報道サイトに書かれた高尾正志も消息不明。生きているんでしょうか。 週刊報道サイトで消えた記事がブラック告発新聞に残る、暗黒事態があるわけです。 こういうのはなぜかというと、思うにサーバー管理者が違う。【ブラック告発新聞は不正、癒着、悪事、犯罪などを公けにするため「週刊報道サイト様」にご協力いただき、公開情報をそのまま掲載させていただいております。】こういうことです。 ブラック告発新聞更新は2017年8月7日を最終として止まっている。「みずほ銀行詐欺被害者の会」203回記事で止まり。週刊報道サイトのほうは2017年12月18日「みずほ銀行詐欺被害者の会」221回記事で止まり。 いや~~、221回も連載したのですか。「激おこの人」もいるでしょう。 1 2017年8月にブラック告…

続きを読む

大林・清水&鹿島・大成 造注産業と土建屋と箱屋

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180123/k10011298861000.htmlリニア談合 「大林」「清水」認め 「大成」「鹿島」は否認 談合とは打ち合わせで、大手ゼネコン担当者会合が観察されていた。まず関西大林が談合を認め、関東の清水建設が追随。これでゼネコン談合は終わりと思ったら、鹿島と大成が談合否認。鹿島が宮城、大成が福島と地震復興棲み分けゼネコンであります。双方、決算はよくない。 一方、滑走路は大成、トンネル間建設とかいいまして、そういう棲み分けも、鹿島建設D滑走路で崩れた。D滑走路は成功したか。 柱だらけで大成功。。。。。。。。。 2 公共工事がヤクザの凌ぎになるためには。まず、公共事業に食い込む、拠点がいる。関西国際空港の埋め立て利権とかです。そのためにフロント企業が必要です。 3 建設談合天皇鹿島の清山。 贈賄側[編集]齊藤了英 - 大昭和製紙名誉会長吉野照蔵 - 清水建設会長上野晃司 - 清水建設副社長清山信二 - 鹿島建設副社長・談合大魔王谷本守 - 鹿島建設専務鈴木和己 - 鹿島建設東北支店次長萩原惟昭 - 大林組副社長橋本喬 - 大成建設副社長本田茂 - ハザマ会長加賀美彰 - ハザマ社長大津留孝 - ハザマ東関東支店長吉川泰代 - 西松建設副社長成島昭 - 三井建設副社長植良祐政 - 飛島建設名誉会長 収賄側[編集]中村喜四郎 - 建設大臣  (?)竹内藤男 - 茨城県知事 (無罪)本間俊太郎 - 宮城県知事石井…

続きを読む

故人住吉会西口総裁と亀井静香、笠岡和雄、国際新聞I。

亀井静香は警察庁2課課長を辞め、衆議院議員になった時、高円寺を訪れ、「総理を目指すからよろしく」と挨拶をしたという。兵庫松浦組はどの大きな団体にも属さない組織である。それでもヤクザとしての経済プロトコルに入ってゆける。ヤクザ組織というのは、末端の構成員の仕事上のトラブルに、ヤクザ業界の解決プロトコルとルールをあたえる。破門されたヤクザというのは、半ぐれ愚連隊で関東連合の劣化版であり、末端のトラブルの時、組織の力で潰されるという事があるから、みな構成員となる。関東連合もやくざ別働疑似組織と露見したら、加藤連合や秋良連合に吸収される。神戸松浦組は組織体制構造としては山口組と同じ。そしてヤクザ社会でヤクザとして扱われる。暴力装置としての大きさでは山口組と比べることはできない。ただ、平成29年までは高円寺といわれる住吉会と親せきという関係があり、会社で言うなら、東京の大会社と親密な大阪の会社として一目置かれていた。基本的に棲み分け承認体制下で、機能を発揮する、暴力団組織である。さらに、平成29年まで会長を務めた笠岡氏は小川薫系の総会屋でもある。くわえて、右翼としても有名。このような立場であるからこそ、第一次的に芸能界のドンといわれる、バーニング周防氏の傍らで活動していたわけである。バーニングにもめごとあれば、東西の暴力団組織が出張らなくても、神戸松浦組が総会屋、右翼、そして神戸所在住吉会親せきとして、全国的に動けるわけである。この、アライアンスが崩れたのが千葉の産業廃棄物処分場計画頓挫である。実業界の資金…

続きを読む