USA流儀そして(トランプ流儀)を加えると。

リーマンブラザースは倒産したといわれているが、US破産法チャプター11適用で実は存続している。( https://www.ifinance.ne.jp/glossary/global/glo089.html )連邦政府は、リーマンブラザースに関する損害を回収中です。すでにドイツ銀行、シティバンク、野村證券などが罰金を科されている。こういうことは日本マスコミで報道されていない。新橋4丁目白骨開発で野村不動産が物件最終受け皿になっていると報道されている。野村証券グループは存続をかけて金儲けにまい進中という事です。http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65691244.html親方アメリカがドル本位制の元、金を回収(追い込み)しているから追い込みされるほうは厳しい。昭和バブルの積み残し物件南青山三丁目もサーベランスが絡んだが、毎日新聞報道でサーベランス撤退、UR特約、政治家複数失脚とあいなったが、ふたたびドイツ資本が関与して、訳の分からん事態になった。さて、リーマンブラザース案件であるサンライズファイナンス株式会社(倒産)であるが、この会社がライブドアにフジテレビ買収資金を出していた。 サンライズファイナンスのマネロン担当が、山口組猫組長でした。 事業者向け貸金業リーマン・ブラザーズ関連サンライズファイナンス株式会社など2社民事再生法の適用を申請負債7484億1100万円TDB企業コード:987827031「東京」米国大手証券会社リーマン・ブラザーズの系列会社…

続きを読む