サントリーホールディングス新浪社長とローソンプレジール

週刊報道サイト記事「サントリー利益供与事件」である。http://hodotokushu.net/kaiin/kiji20160808b.htmlサントリーグループがセサミンのテレビコマーシャルに反社会的勢力である現役暴力団組長A(住吉会副会長)を出演させ、CM出演料として利益供与を実行したことを認めるまでの全貌を報道する その22 「サイト止めるぞ!」とは言わない「電波止めるぞ!」の総務大臣・高市早苗氏の対応を公開する。言論弾圧は絶対に許さない!(28/8/8) ブラック告発新聞には、サントリー〇住報道シリーズが載っている。下 ↓ クリックサントリー週刊報道サイトを報道しているアクセスジャーナル報道によれば、週刊報道サイト記事を書いている記者に暴力団組長関係者がいるとある。その人のイニシャルは「Fさん」らしい。 1 サントリーと広告と広告代理店そしてオリコンサントリーの広告代理店は電通のようであるが、その昔は博報堂だった時代もあったのでは。広告を作るのは広告代理店。それを発注するのは広告以来会社。週刊報道サイト記事の事実的中身は、子会社の通販宣伝広告(テレビ)に暴力団組長が利用者として出演して、商品を勧めたというもの。そして組長に出演料を渡していたというもの。事実そういう事があったでしょうが、それをサントリー本社が知っていたということがあるでしょうか。そういう事実を承知で、電通とか博報堂など広告屋に広告つくらせていたら大問題です。 テレビ広告で使われた楽曲がヒットすることがある。サントリー…

続きを読む