税務というお仕事。そして「なんでやねん」ドツキ漫才。籠池辻元。

財務省文書書き換え。そういう事があったのか、なかったのか。あったとして、その程度と目的。19日集中審議で明らかになるはずですが、どうなることやら。 1 財務省と言えば大蔵省。国有財産払い下げで大もうけして政治で雄飛したのが田中角栄。新潟河川敷払い下げが有名ですが、最初は虎ノ門のビル。小佐野、丸紅そして三井物産と所有者が移転する。東京タワー建設で用途容積都市計画をいじる。こういう不動産いじりが田中角栄の政治資金調達でありました。ロッキード事件も丸紅で、そういう仲良しの系譜がある。丸紅は丸紅飯田で高島屋飯田で総会屋&互久楽会西浦事件と龍神興業具会長銃殺事件歴史であります。 1 大蔵省OBの仕事は節税と脱税指南。杉井プロジェクトと看板で、北陸のパチンコ景品会業者(北陸戦争ヤクザ)の相続税務申告で、元大蔵官僚杉井孝事務所が動いて税金は安くなった。だが、巨額報酬の問題とか不申告で話題になった。パチンコ業者は税金は安くできたが巨額報酬で結果は同じ。そこで報酬が高すぎると返還訴訟を起こした。ここまでは記憶にある。その東北大学卒の社長も死んだそうな。 2 脱税は所得を除外か経費水増ししかない。1億の脱税は懲役一年。これ常識です。脱税の捜査は「マルサの女」(提灯映画)にあるように、犬小屋の下まで掘る。これは「溜まり」という隠し金を探している。これを見つけられると金丸信も逮捕される。新日鉄の有名役員も脱税で捕まり実刑になる。双方、長期信用銀行の債券で金を隠していた。金丸は金塊も持っていた。(神内由美子みたいです…

続きを読む

トランプ大統領と金正恩首領様

一般論的には、トランプ大統領が存在するのは、あと二年か6年くらい。年齢もあるし、選挙もある。米国中間選挙が今年の11月。制度的に期限付きの大統領です。金正恩首領様は終身首領様であります。 1 金正恩首領様がトランプ大統領と直接対話をするといったとか。さて、そのようなお話をしたのが韓国の文在寅の部下。それをうけてトランプ大統領がアメリカで文の部下と話したときに首脳会見に応ずるといった。 2 すると、何処で会うかが取りざたされ始めた。板門店、ソウル、スイスとかいろいろ候補が出た。38度線板門店にアメリカ大統領本人が来るでしょうか。そこに金正恩首領様も来るでしょうか。大統領を物理的に守る役割のボディーガードがそれにOKするか。金正恩も同じ。場所とか面子の前に何が起きるかわからない。 3 スイスに金正恩はどうやってゆくのか。中国民航航空機でゆくのでしょうか。一度マレーシアに行きMHで逝くのでしょうか。金正恩が乗るマレーシア航空はガラガラ。パイロットも命がけで搭乗拒否。それはなぜかというと、途中で撃ち落とされるからです。すると、スイスに金正恩がゆくとすると高麗航空でゆく。IL62Mがある。すえーでんとかオーストリアとかまで行ける。だが林彪の先例がある。 金正日は中国を訪問するときに列車を使った。北朝鮮首脳が外国に行くときは慎重になる。 4 アメリカは次の司令官は決まっている。大統領に、なにか起きれば次はペンス副大統領であります。金正恩首領様にバックアップ首領がいるか。 まあ、トランプ大統領が北朝…

続きを読む

森本文書書き換え報道。

参議院が19日に佐川長官を喚問する前提含みで、近畿財務局文書の書き換え問題を集中審議するらしい。麻生大臣がG20に欠席ということになるらしい。(G20とかは、別に出なくてもいいような国際会議では。顔見世興行みたいなことは意味ない。) 1 文書書き換えは、誰が行ったのかとか、、、①文書書き換えが行われたとすれば、複数の文書があることになる。②その複数文書が存在するなら、どこにあるか。③書き換えという言葉の具体的意味は何か。ドラフト段階のものが単に存在するのか。あるいは意図的に重要事実が追加もしくは落とされたのか。④重要事実とは真実かどうか。⑤書き換え事実に有形悪意があるか。⑥なぜ朝日新聞にその文書らしきものが渡ったか。⑦渡ったとすれば、取材能力が朝日にあるのか、あるいは特定の勢力のリークか。⑧そういうリークがあるのはリーク意図に有形悪意があるか。いろいろ参議院で騒がれるので、捲れるでしょうが、こういうことは対立する者同士が、争うことで真実に近づくというか、それしか解決できないという歴史的かつ事実的なことがある。裁判は真実を発見できない。紛争解決だけ。自民党は自らを弁護するには財務省を断罪する必要あるかもしれない。野党は朝日新聞報道が大元と認め、僕は悪くないというべきかもしれない。これは英米法の訴訟に似てきました。 2 報道は二極化している。加計学園文書も書き換えられているという野党と書き換えだと言い続けるマスコミ。そして一部ネット評論家は、マスコミ報道と財務省などの動きを関連付ける。これはマスコ…

続きを読む