文書が朝日に渡ったということ。

財務省文書が朝日新聞にわたった。財務省近畿財務局が文書を作るにあたり、推敲するとか、都合のいいものにすることはあり得る。それが朝日新聞にわたったものと検察にわたったものが一部に違いあるなら、詐欺の立証にも影響するかもしれない。ただ、財務省近畿財務局文書がどうやって朝日新聞にわたったのか、あるいは渡したのか、どうやら担当上席が死んでしまってわからない。 ともかく、官僚と政治の大失態であり、その責任は朝日新聞にないのか。野党にないのか。辻元公園を再調査する必要はないのか。 こんな感じと思う。 1 甘利明が総理候補だったこと。次期、安倍さんは常に課題としてある。枝野がなれるかというと無理でしょう。政権交代することは、文在寅を日本が選ぶという事。甘利明は、薩摩興業で終わりました。秘書は子供ぐるみ行方不明。それはUR問題だった。この薩摩興業の専務を探している不良がいる。甘利明の背後の政治グループは誰だという事です。 2 モリカケ忖度回し下痢は安倍降ろし。引きずり下ろしたいのはだれでしょうか。それは、奴とは限らない。 3 小選挙区制を中選挙区制に戻す、これが憲法改正以前に大事。憲法なんて自然権解釈でどうにかなる。

続きを読む