ガチンコ 福田淳一事務次官 vs 新潮社

セクハラ報道された福田財務相事務次官。録音があるとかで、三箇所に疑問があるとかないとか。こういう隠し録音が訴訟の証拠になるかどうかですが、まず裁判官しだいでしょう。証拠採用されねば、訴訟は長引くし結果はわからない。一般論ですが。もちろん訴訟とは名誉毀損です。原告財務省事務次官、被告新潮社。録音が加工されていたとして、事実を大きく曲げていなければ社会的にはどう判断されるか。これはガチンコの喧嘩です。最後までやれば、どちらが勝っても面白いことになる。まず、福田次官にセクハラあったと国民が判断したら、財務省再解体です。これは極めてよいこと。新潮に取材不足あれば、マスコミに猛省でこれもいいこと。ツンボの怒鳴りあいです。 1 安部政権と関係あるか。 近畿財務局のお話と同じで、関係ないのでは。安部さん支持率というお話も、ネット社会と紙マスコミでは乖離しているようです。文科省の前川と同じ。新潟知事と同じ。そして財務省。反安部政権グループのノーパンしゃぶしゃぶであります。 2 安部総理夫妻がディナーをするためにアメリカにわたる、その相手はトランプ夫妻。 これこそ、パワーディナーであります。シリアに爆弾ぶち込んだトランプ大統領。本来パワーディナーはプーチン閣下とかとするはずなんですが、ともかくたいしたものとおもう。(安部憎い人とは受け止め方が違う。)アメリカ大統領はアメリカの国王であります。交代させられるけど、国王です。ミャンマーのトップも王であります。タンシェ将軍は仏教社会主義の第一書記だった。将軍をミャ…

続きを読む

内田マイクが収監された?、そして南平台、新橋4.

モリカケ忖度音頭のひとつに財務省役人セクハラテープがある。ところが、そのテープが加工されたものであるという財務省側の唄が歌われているようだ。事務次官が新潮社を提訴する準備をしているとか。財務事務次官が辞任すれば、安部政権に痛手にはなる。だが、加工されたセクハラ盗聴録音テープで財務事務次官が辞任せざるを得ないなら、財務事務次官は個人的に納得できるわけがない。テープに加工があったと仮定して、そのことはこれから明らかになるでしょうし、財務省側の主張が否定されたら、財務省は火ダルマ。新潮はやってやったぜと快哉を叫ぶ。こういう対立構造が真実を捲ることになる。とうとうここまでやってしまうことになりました。安部ヘイトですね。さて、テープが加工されていたら、新潮社報道は虚偽報道である。新潮社に虚偽である認識があれば、デマを流して一人の官僚を攻撃し、ひいては政権に打撃を与えようとした悪意があるということです。新潮社が録音テープが本物と信じて報道していたら、新潮社をして、虚偽報道させた奴の悪性は高い。文春砲・新潮砲の砲弾提供者は誰だということがわかるかもしれない。 1 UR・薩摩興業盗聴盗撮事件利益供与?事件。薩摩興業総務担当一色武はUR職員・甘利事務所秘書との会話を盗聴盗撮していた。甘利事務所秘書が金や自動車という利得を一色から得た事実はある。同時にURに口利きもしていたかもしれない。さらに甘利事務所秘書一家は行方不明。もと秘書の一人も加賀町署に覚せい剤所持現行犯で逮捕されている。その一連の動きに新潮社報道があっ…

続きを読む

モリカケウロンと連帯ユニオン

関西でユニオンというと菱です。suzuyo_group.svg菱紋は武田菱とかいろいろバリエーションがあって、上場企業も使っている。 山菱という言い方は特定方面を指すようになったが、実は古代からある紋所。 港湾関係の企業がこの紋を使うことがある。 これら港湾関連企業はハイテク産業であり、ヤクザではありません。しかし、歴史の中で苦難を乗り越えてきた。 そのなかで労働者権利を守ろうという動きは必ずあって、その歴史の中に港湾労働者ユニオンがある。この特別法の労働組合は必要だから存在するのであって、同種の組合は現在新たに認められることはないでしょう。 いま関西生コン支部が話題になっているが、運輸ユニオンの労働者の権利を守るどころか、その闘争資金を食ったものがいるという噂がある。「消えた165億円」という本がありまして、京都崇仁地区の地上げ資金が都市銀行から消えたというお話です。同和対策特別法特別指定地区というのが過去あって、京都崇仁もそのひとつ。この地上げ関係任意団体の普通預金から金が消えて、都市銀行が食ったなら、ありえないことがおきる。崇仁の金は、預金通帳関係の誰かが引き出して使ってしまったのです。崇仁地区の一部が、六本木クラブ経営のオーナーの会社のものになった。その六本木クラブに演歌歌手、消費者金融、ヤクザG、警官Mが集って歌っていた。 こういうことは森友学園と近畿財務局にもトラウマとしてあったでしょう。京都にはMKタクシーという会社があって、この会社の二代目がいろいろ問題を起こす。近畿産…

続きを読む