モリカケウロンと連帯ユニオン

関西でユニオンというと菱です。suzuyo_group.svg菱紋は武田菱とかいろいろバリエーションがあって、上場企業も使っている。 山菱という言い方は特定方面を指すようになったが、実は古代からある紋所。 港湾関係の企業がこの紋を使うことがある。 これら港湾関連企業はハイテク産業であり、ヤクザではありません。しかし、歴史の中で苦難を乗り越えてきた。 そのなかで労働者権利を守ろうという動きは必ずあって、その歴史の中に港湾労働者ユニオンがある。この特別法の労働組合は必要だから存在するのであって、同種の組合は現在新たに認められることはないでしょう。 いま関西生コン支部が話題になっているが、運輸ユニオンの労働者の権利を守るどころか、その闘争資金を食ったものがいるという噂がある。「消えた165億円」という本がありまして、京都崇仁地区の地上げ資金が都市銀行から消えたというお話です。同和対策特別法特別指定地区というのが過去あって、京都崇仁もそのひとつ。この地上げ関係任意団体の普通預金から金が消えて、都市銀行が食ったなら、ありえないことがおきる。崇仁の金は、預金通帳関係の誰かが引き出して使ってしまったのです。崇仁地区の一部が、六本木クラブ経営のオーナーの会社のものになった。その六本木クラブに演歌歌手、消費者金融、ヤクザG、警官Mが集って歌っていた。 こういうことは森友学園と近畿財務局にもトラウマとしてあったでしょう。京都にはMKタクシーという会社があって、この会社の二代目がいろいろ問題を起こす。近畿産…

続きを読む

今度は、「オタヤンこけても、ハナウタン」と朝日が書くぞ。

モリカケウロン忖度音頭は続きます。詩ね朝日新聞は続けます。金正日将軍の歌というわけで、安倍さん忖度、財務忖度こういうことをいいつづけることはおわることない。ですから、森友学園籠池さんの許認可申請行為の安倍さんが関係ない(法的に政治的に)こうネットミニコミがどう主張・立証しようが、詩ね朝日新聞と仲間たちは、安倍政権外し、政局造りをやめることはない。これは、金正恩将軍マンセー行進と同じで、宗教であります。踊り続けます。踊る金正恩朝鮮中央テレビで「オタヤンコケテモハナウタン」の起源はチョソンと言い始める。その意味は分かる人にはわかる。いよいよ告発状の事態に!大阪地検特捜本部長山本真千子氏に対して告発状が提出される事態に こんどは毒が入っていると朝日新聞は必ず書く。間違いない。 1 ところで、内田マイク。朝日新聞の記者でさえ、行政出版脱税事件を政治が銀行に圧力かけて、「ギョウセイ」社にリニューアルさせて安く買い取った、ソンタクだと書きたいだけです。及川幹雄がギョウセイローンダリングをしていたかはどうでもいいのでありいます。ただ、みずほ銀行第一勧銀関係ノンバンクがヤクザ御用達のノンバンクという事は金融庁処分があった。だが、行政出版及びソフトウエア興業脱税事件で利益うけた者は誰かは金融庁は公表していない。国税庁が忖度していたかも。週刊報道サイトの裁判所記者クラブ会見で多くのマスコミが来ましたが、関心は、みずほ銀行集団訴訟より行政出版のことでした。キッチリ報道するつもりがあれば、東京拘置所で服役していると風…

続きを読む

ネットでも触れない日本の常識、世界の非常識。

モリカケウロン忖度音頭が続いております。わたくしめも、金が許せば(あれば)、暇はあるので(先はない)、河内音頭でも聴きに行きたい。カケウロンに揚げさんをのせると「キツネ」になる。カケソバに揚げさんをのせると「タヌキ」です。麺の違いで狐と狸を分類する。関西では「馬鹿」といわれると人格全否定。アホは許される。パーでんねんは愛される。鶴橋の交差点で「アホ」と上さんにいわれる「オッサン」がいて、これが関西の夫婦であります。織田作之助の世界。夫婦善哉。オカーチャンただいま~と語尾をあげて、引き戸から居間に直接上がるじゃりン子もいれば、もちろん大阪にもやんごとなきお嬢さんがいなはる。大口(京)歌子とエロカッパ。こういう元夫婦がいて、歌子姐さんの愛が消えないことに驚く。まことに大阪は人情の町、恋の町です。そういう大坂文化を支えるというか根にあるのが、社会構造。戦前は大阪経済は関東の半分。九州まで入れると東西で日本経済を等分に支えていた。それが、いまはよくて三分の一です。これは大阪含む西の経済構造の基本社会構造に原因があるのではと考えてみる。 さて、生コン組合です。全日本建設運輸連帯共同組合関西地区生コン支部。このことをネットで論じない。労働組合は労働組合法で認められると特別な権能が与えられる。集団交渉権です。これは必要な権利であります。同種の組合に「全日本港湾労働組合」がある。戦前戦後に港湾労働者は人間でなかった。「カンカン虫」といわれる昆虫以下の扱いでした。港の労働で海に転落しても助けられことはない。ですか…

続きを読む