事件の連鎖

若狭勝氏が刑事弁護代理人をつとめた日興コーディアル相場操縦事件、被告人はK。その事件で共犯者証券会社執行役員吉岡宏芳の弁護人が無罪請負人佐藤博史。裁判開始前から注目を集め、司法記者の間では吉岡被告有罪実刑説が通説であった。ともかく、この事件では訴訟外の活動が激しく、被告人がプロ中のプロであるから、刑事事件攻防は捜査段階から熾烈であった。この事件の主役は吉岡宏芳。この人物が相場操縦の指導をしたなら、日興証券が株式市場を壟断したことになる。そこで、相場操縦されたKの供述が決め手になる。両名の逮捕前に、Kについて、「同期の元検事総長の弁護士が無罪であると言っている」と、Kをして無罪主張をするように勧めた弁護士がいる。その弁護士は最近死んだ。さらに、捜査段階でネットで幇助犯と身分犯の共犯論を唱えていたのが、蓮見和也弁護士(当時ジャスティス法律事務所主催、いま事務所は自宅にあるとか)。 整理してみよう。1 被疑者Kは大物金融業者若狭勝氏は横浜地検特捜隊の隊長の履歴を持つ。被疑者Kは横浜では有名(知らぬものはない)金融業者。Kが若狭弁護士を刑事弁護人に選ぶのは通常の流れである。逆に言えば、いい仕事をする弁護士ともいえる。ちなみに、若狭事務所T弁護士は元検事で弁護士になる最初の事件が、銀座の風俗ビル王丸源の脱税事件。着手金6000万を得たという。2 被疑者吉岡は住友銀行上級職員を経て日興コーディアル執行役員住友銀行時代に神宮前の融資案件で回収に福岡勇次らと協働したと言われている。事実であろう。 さて、注目す…

続きを読む