モリカケ忖度と薩摩興業

TPPという関税協定はグローバリズムという思想で、オバマ政権が始めたことです。その成立に努力したのが甘利明氏。ところがアメリカの政権が変わった。それは、在来の政策的コレクトネスという理想という名の御都合主義とUSAの3割から4割が感じている、現実感の齟齬が原因だったといま多くの人が理解し始めた。甘利明氏は二階に上がって懸命に仕事して成果を出したが、はしごは外された。ジンクスというのがありまして、甘利・宗男ジンクスとでもいう事がある。外国人記者クラブで講演するとつまずくという事です。両名とも次の総理総裁候補と自ら考えたとき外国人記者クラブに呼ばれる。すると足元すくわれる。宗男氏の場合「ムネリン」とうかれていた。北の海で、なにか稼いだとも言われている。小池百合子と石破茂もまた同じ。外国人記者クラブ。そこには詐欺師が待っている。マジです。甘利明氏の場合、なにが彼をしてUR疑惑に入り込まされたかはわからない。ともかく、外国人記者クラブに軽率に出ると、次に暗雲が待っているかもしれない。甘利明氏筆頭秘書が薩摩興業の専務一色にレクサスを貰う。露見すると、筆頭秘書は家族ごと行方不明。関連の元秘書は、葉山町町会議員に成り上りながら、横浜中華街でシャブを仕入れていた。加賀町署で逮捕されるシャブ中は中華街当たりのコンビニで現金授受して、日銀横浜支店あたり某所で物を受け取っているらしい。(詳しく知っていたらチンコロしている。場所は点々とするらしい。大通り公園あたりも同じシステムらしい。女優の亭主が捕まったりする)神奈川県…

続きを読む