モリカケウロンと連帯ユニオン

関西でユニオンというと菱です。suzuyo_group.svg菱紋は武田菱とかいろいろバリエーションがあって、上場企業も使っている。 山菱という言い方は特定方面を指すようになったが、実は古代からある紋所。 港湾関係の企業がこの紋を使うことがある。 これら港湾関連企業はハイテク産業であり、ヤクザではありません。しかし、歴史の中で苦難を乗り越えてきた。 そのなかで労働者権利を守ろうという動きは必ずあって、その歴史の中に港湾労働者ユニオンがある。この特別法の労働組合は必要だから存在するのであって、同種の組合は現在新たに認められることはないでしょう。 いま関西生コン支部が話題になっているが、運輸ユニオンの労働者の権利を守るどころか、その闘争資金を食ったものがいるという噂がある。「消えた165億円」という本がありまして、京都崇仁地区の地上げ資金が都市銀行から消えたというお話です。同和対策特別法特別指定地区というのが過去あって、京都崇仁もそのひとつ。この地上げ関係任意団体の普通預金から金が消えて、都市銀行が食ったなら、ありえないことがおきる。崇仁の金は、預金通帳関係の誰かが引き出して使ってしまったのです。崇仁地区の一部が、六本木クラブ経営のオーナーの会社のものになった。その六本木クラブに演歌歌手、消費者金融、ヤクザG、警官Mが集って歌っていた。 こういうことは森友学園と近畿財務局にもトラウマとしてあったでしょう。京都にはMKタクシーという会社があって、この会社の二代目がいろいろ問題を起こす。近畿産…

続きを読む