自修院酒井正覚師競売妨害。

安部総理がトランプ大統領と会見。麻生財務大臣がG20で国際貿易への懸念表明。こういう外交が行われているなかで、日本マスコミは、福田淳一前財務省事務次官とテレビ朝日記者進記者の「ニャンニャん」会話がセクハラかハニートラップかが大問題として取り上げられている。「詩ね朝日新聞」記者が、麻生大臣を追いかけて、テレ朝セクハラについて聴いたそうな。航空機代金、ホテル代を使い、麻生大臣の外交現場まで追いかけて、「ニャんニャん」取材。ともかく、モリカケウロン忖度が財務省はじめとした情報漏えいに変わってきて、ともかく安部政権降ろしがマスコミの目的と一般が感じ始めたのに、たぶんマスコミ気づいていない。こういうのは確信的報道でプロパガンダそのものですから放置するしかない。これは事実上の抗争です。第4の権力が、北朝鮮南朝鮮から「金」でももらっていたのでしょう。 1 自修院酒井正覚師逮捕と「ブラック告発新聞」削除。 こういう報道がされているなか、地味に週刊報道サイトS氏が摘発された。これを報道するマスコミはなく、酒井師逮捕はTBSで報道されたが即削除状態。酒井師は、横浜緑区の宗教法人役員。宗教法人自修院法人登記簿(全部事項)2015070330177262.PDF湖雲寺という六本木の古い寺に役員として入り込み?六本木の土地と墓場を香港資本鷹君集団に売り払った。湖雲寺法人登記簿(全部事項)2015051388347975.pdf結局、香港資本はホテルを建てようとしたが、計画は頓挫。現在訴訟中とか。契約解除を求めている。こ…

続きを読む