いつまでも、あると思うな、親と金。

スルガ銀行が「カボチャの馬車」融資で、自らが深く主導していると、融資ではなく、自らがある事業に金を投げたわけです。それは融資業務ではない事業。不動産屋スマートディズがマンハッタンインベストメントで、デート商法の商材狭小マンションの替わりがシェアハウス。金を貸す相手は、純粋な投資家になりたい個人。評価1億のシェアハウスに9000万以上貸す。さらに、個人ローンを組ませて、年利4%で貸す。分積み両建てです。そうやって高収益銀行でしたが、2000億に及ぶ不良債権を銀行側が背負うということでいまのところ事態を収めようとしている。それなら、デート商法融資も同じ扱いをすべきだ、銀行免許そのものを与えておいていいのかとなる。金融庁長官がスルガマンセーと言い続けたことを野党は突っ込みいれないのか。こういうとこが、このスルガ銀行事件を事件化させない要因であります。皆さん金は借りているものです。平和相互銀行が住友銀行に吸収された時も、平和相互銀行と政治のことは不問。結果として、イトマンから4000億円流出して、住友銀行も事実上潰れて、いまだに、その後の成り行きを探索されている。代々木会館地上げでは、金田真紀氏が住友の債権を回収している。それは、指摘されてもマスコミはスルーする。私的には、金田さんのところに住友イトマン債権が流れ着いたことは、そういう能力があるということでしょうし、ともかく、賃料も押さえて気合が入っていて、感心する。相手が相手だからたいしたもの。同時に反作用もきついだろうなとも思う。ただ、あまりに能力ない…

続きを読む

この件…現在…訴訟は、どうなっているのでしょうか??

新橋4丁目事件と海喜館事件。この投稿記事に、コメントをいただきました。 新橋4丁目事件も海喜館事件も民事事件のことと思います。 ショボコイ事件でも、週刊Hサイト恐喝事件では刑事事件でもあり、多くの傍聴人がいた。最初から2番目に並んでいたジャーナリストもいて関心は高かったです。そして、聖蹟桜ヶ丘地上げ事件の一方当事者さらに、トランスデジタル事件の登場人物も傍聴にきて事件のすそ野が広いこれがわかった。刑事事件は、事実を輪切りにするし、とくにこういう週刊Hサイト事件の場合は、対象記事が広範囲にわたり、エロから政治案件まですそ野が広い。そういうわけで、聖蹟桜ヶ丘、トランスデジタルという事件関係者も来る。この両事件はT弁護士が事実上の代理を務めた。ここで、T弁護士の業務が即違法ということはない。ここはしっかり認識しておきたい。聖蹟桜ヶ丘、トランスデジタル両経済事案はヤクザもいるでよ、事件屋もいる、そこに、利害調整人で弁護士が出ることはある。ただ、そういう有名弁護士がヤクザと逮捕されることもある。みやび法律事務所富永先生が好例です。そういう場合は、競売妨害、競争入札妨害が多い。依頼人の言うことに沿おうというと、そういうことになりがち。双方代理とか、登記をいじる、はては公正証書、判決まで偽造する。(偽造には変造も含む。)イトマン事件という超グリグリ経済事件があった。多くの弁護士、元検事、、、銀行員、事件師が逮捕された。そういう端っこにK弁護士もいた。スルガ銀行事件で再登場ということです。やはり30年以上前の…

続きを読む

みずほ銀行事件が原点。

憶測・忖度・風説流し。日本マスコミミニコミ媒体宿痾。安倍政権支持の当ブログからすれば、選挙で支持ある安倍政権を森永キャラメル歯に絡むとか、モリカケウロン喰いすぎとか、ともかく、安倍は馬鹿ボケすかたんということで、首相にふさわしくないというヘイト政局ということ。さて、韓国と同じで蝋燭で政局を転換せんとする日本マスコミではある。さて、ショボコイという週刊Hサイト事件でありますが、報道しているのは、アクセスジャーナルのみという状態。しかし、この事件については深甚なる関心を持つ当ブログであります。なぜかというと、みずほ銀行というか第一勧業銀行について、昔から異常な事件が多すぎるということです。勧銀不動産というのがありまして、三浦義一という右翼(フィクサー)が、そこを拠点の一つにしていた。第一勧業銀行は第一銀行と合併してできた銀行。第一銀行は三井系。朝鮮の中央銀行機能を持っていた銀行です。(香港で言うとHSBCみたなものか。)それが日本勧業銀行と合併。その伝統銀行の行員だった宮崎邦次頭取の時、利益供与事件で自殺された。神戸製鋼所の内紛のときに児玉や木島と面がついたといわれる。島田のブンブンも知っていたに違いない。島田のブンブン 中村美律子 Nakamura Mitsuko三浦、児玉、木島、西山、、、、、小池隆一。こういう系列というか流れに本間税理士もいる。ともかく、この銀行は統一手形用紙が流出するとか偽造変造されるとかありえないことがありすぎるわけです。(富士銀行、日本興業銀行にスキャンダルがないわけではな…

続きを読む