内田マイクさんというヨイショの達人。

真珠宮ビル事件初期のころ逮捕された、Sさんでありますが、この人は「健竜会」の看板を持っていた。ダミーを使って複数の事件地上げで逮捕された。東京近県の事件で訴訟になると、看板ぶら下げ皆さんやってくる。(相手方ですね。)25年くらい前はそういう手法をされると皆さん引きました。いまでも事実的にそうだと思う。ただ看板の使い方が巧妙。真珠宮ビル事件で内田マイクさんが捕まり、その後Sさんも逮捕。Sさんは複数の原本不実記載で逮捕起訴され高裁で判決が出た後も、なんだかんだと世間にとどまり、和解交渉みたいなことをしていた。今回の内田マイクさんの保釈逃亡も実際はなんとか被害者と和解しようとしていたかもしれない。こういうのは取材しておらず、ただ推測です。内田マイクさんの逮捕事件の特徴は騙されたほうも専門家ということ。この専門家というのは、金融業不動産業のベテランであるということ。いわゆるクロサギ事件です。内田マイクさんは三田の霊廟事件でも登場していて、山梨の産廃土建屋が金を出していた。偶々ですが、東京地裁の証人尋問を聴くことができて、川崎東田町とか人脈が重なり、やはり業界は狭いと感じた次第。 1 内田マイクさんをいまプロファイルすると。どこの事件現場にも顔が出てくる。ただ事件の実行行為者は違う。Sさんも原本不実重ねたら、そういうことはできなくなる。内田マイクさんは池袋責任者だったらしい。これは某喫茶店で事件を仕組む中心で、当時はS会が中心的背景。そういう仕事師には国営税務署以外のミカジメを徴収する組織がある。これは自…

続きを読む