内田マイクさん、摘発の意義。

内田マイクさんは業界で有名で、パーティーが好きらしい、という話を聞いています。そのパーティーに出る人が、セットアップの仲間でも重要部分になるらしい。司法書士なども食い詰めたのがここに招かれたりする。司法書士だめなら軽貨物でもやろうということにはならない。さて、内田マイクさんはある時期から訴訟には出てこない。そのころから、プロデューサーというか手配師になったようです。あるグループが集中的に活動していたことがあって、その手配をしていたようです。こういう業界の利害調整をできるところが大物でもあり、付き合いの幅が広い。 1 内田マイクさんなどを摘発する作業は大変だったはず。トランスデジタル事件で、野呂周介氏が逮捕され罰金だということをことさらにいう人がいたが、それでも大したもの。野呂氏はインターオートという車金融関係をしていて、車のトランクから4千万を盗まれた人でそうとう過去有名でした。許永中も同様の金融をしていたわけで、浜松の組織と深い人。トランスデジタル事件で、業界人脈の利害が対立した。永本vs野呂のようでもあり、しかし結果的に利益を独占したのが後藤組。こういうもつれあいが、S報道サイト関連恐喝事件の傍聴人までに影響する。内田マイクさん摘発にむけて相当期間かけたようですが、被害者報道を聞いて、そうとう深く掘り下げられていると感じた。クロサギもクロサギまっくろくろすけ根深い。 2 立て続けに起きる地面師事件。司法書士Kが出てくる不動産事件が相当あって皆事件にならない。そういうなか、五反田海喜館事件が…

続きを読む