スルガ銀行忖度と銀行喰い

スルガの株価がまた下がったとか。K弁護士のマスコミ対策は効を奏している。スルガ銀株が一時11%安、契約者の取引履歴改ざんと弁護団指摘 ...株をいじっている人にはおもろい展開。スルガ銀行と地上げ事業ですが、前回、事件地上げのようでも、長い時間をかけてやることで、その中で白骨遺体で一時とん挫もあるということでした。新橋4丁目も10億以上NTT都市開発が出していて、これは負担ではありますが、大手銀行が融資を続けていれば、10年後に金利が全体で1割として11億だけのコストです。全体が上がれば100億くらいの売買予定だから、回収可能。ですから白骨遺体あれども、地上げは継続する。誰がやるかは、これからきまる。南青山三丁目も途中で出資者が変わってもかまわない。これが、地上げというものです。ドイツ銀行系ファンドが南青山でとん挫しても、この地上げで生きている者には痛痒でない。結局、金を出させたら大成功です。出したものはプロ中のプロです。湖雲寺でホテルをやろうというグレートな人たちもいま契約解除訴訟をやっている。その訴訟結果が被告には何の痛痒でもない。こういう企画をたて、金を動かすゲームを仕組むのが大絵図を描く人たちです。ダンベを博打場に呼び込むようなもの。1 スルガ銀行は生き残るための決算が必要。ともかく、収益を上げるのがスルガ株価維持とイコールです。スルガの株価があるゾーンにいないと困る事情があるかも。ですからデート商法がだめなら、カボチャの馬車。ですから同じことをやっていて、スルガが主役だとめくっているのがK…

続きを読む