後藤瀧澤司高山、、、中田。

東邦生命という倒産した生保屋があった。太田一族という福岡の地主の系列です。明治政府以来生保会社は潰れるという危険とその経営のメリットを考えると、地主に経営させることが通常でした。命を担保に取っていて、夢を売る商売で、実はおいしい。そういう東邦生命が倒産した。国策企業は国策に弱い。竹下内閣とともに潰れたようですが、じつは政局にのったわけです。NTT労組(=郵政労組)の金が400億近く消えましたが、その金の行方は不明です。東京ゼネラルという先物業者がつぶれて、経営者が懲役8月で終わり。実際は、刑務所にもいかない算数がある。また、福沢諭吉以来の千代田生命もつぶれた。これは融資に問題があった。横井英樹に1000億円くらい出した。副社長が手数料を取っていた。(5%と言われていた。)こういうことは隠蔽しないとダメなわけです。そこでサーベイランスという地獄の番犬がでてきてみなわからんということになった。「悪い外資を俺が切る」そういうあんたは大丈夫か。瀧澤孝芳菱会会長死ぬ。参照してくださいホテルニュージャパンが燃えて、その跡地に保険会社が入居した。千代田生命の替わりかもです。わたくしは横井さんが経営に失敗して新しいホテルが建つことを真剣に期待していました。新ホテルに就職したかった。火をつけたやつを殺してやりたい。それは保険で儲けたやつです。もう死にました。長期信用銀行がつぶれて、一つは、みずほ銀行になりました。その、みずほ銀行第一勧銀部分が及川行員事件で揺れた。その前に、武田広人行員事件があって30億円くらい不正…

続きを読む