籠池勾留10か月

     毎日新聞報道引用 https://mainichi.jp/articles/20180517/k00/00m/040/068000c 森友 籠池被告、府・市の補助金詐欺を大筋で認める方針 籠池さんが勾留されて10か月。 さて、そのことで「ひどい」「ひどい」と非人道的と一部マスコミが書く。 勾留も起訴される前の勾留と起訴された後の勾留があるとか。 逮捕されると3週間は検察の判断で調べのため勾留できる。 検事勾留というらしい。 それ以上に調べを続けるには、裁判所の許可がいるとか。 判事勾留というらしい。 逮捕され、否認もしくは黙秘して、約三年判事勾留された事例がある。 結果は不起訴。 逮捕容疑は殺人。共犯とされたものはみな死刑判決が出た。 さらに起訴されて、2年強一審で裁判があり、無罪となった事例もある。 これも保釈がされなかった。 この事例では、一審での被告は無罪推定で保釈は権利だから、 人質裁判といわれても仕方ない。 だが一方で、この被告人は酒井正覚と同じ事件に今参加中である。 まあ、名前が二つあるかもしれない人は保釈はきかないのでしょう。 本人がいうから間違いないわ。 1 籠池事例 普段から刑事司法と人権について真剣に第4の権力が監視していれば、 籠池さんは保釈されたでしょうか。 籠池さんは、詐欺で起訴された。 国の補助金と大阪府の補助金を詐取したとされる。 森友学園が認可されれば金はできた。 認可しないからできない。 …

続きを読む