北朝鮮と国交があり、一番アメリカに近い国。

それはカナダです。 高麗航空は現在定期便を運用しています。 機材はTU204とAN148です。 TU204はKLIA(マレーシア)まで定期便で運用されていました。 (JS0160 現在運航停止中) 高麗航空の保有しているIL62Mは導入が2012年。 航続距離は目いっぱいに積んで7200キロ。 IATAの認定する機材ですから、シンガポールには楽勝で行ける。 TU204-300も最新機材。 クアラルンプルに行けるから、シンガポールも楽勝。 クアラルンプルへの直行便がなくなると、マカオ経由で往来する。 マカオから片道3時間10分でクアラルンプル。 マカオで切符を買うと、世界中に行けるわけです。 待ち構えて殺すのは、日常的にそこを通過するからです。 ですから、金将軍はシンガポールに行けない理由はない。 ビジネスクラスでも、高麗航空専用機でもシンガポールに行ける。 行きたくない理由はある。 将軍が飛行機に乗ったら、一日は最低いないということです。 高麗航空利用なら、平城空港閉鎖すればいい。 革命評議会ができて新議長が生まれます。 これがチョソンレンミンミンスであります。 1 チョソンのオモニが「やらずぶったくりの強盗野郎」。爆撃されろ。 こういうとき、じつは政権というか統治はおしまいです。 陳勝・呉広がでてきて、新しい将軍の兆しがある。 こういうと金剛山から英雄が出てくる。 コメと食用油とスパムを持っていれば大歓迎です。 ですから将軍…

続きを読む