モリカケウロン忖度から妄想に進行。

長妻議員といえば、野党議員ですが、重い感じの人。この人が、「焼肉を御馳走されたので、加計学園に忖度した。」こういう筋書きで、国会質問をしたとか。焼肉のあと、お土産に200万円渡したとかなら、贈収賄という、方向性が出てきますが、焼肉に対しモリカケウロンとなると、関西は食い物が貧しいだけ。こういう国会審議をしている議員の皆さんは何を喰っているのでしょうか。国民を食い物にしていること間違いない。さて、野党第一党代表枝野が議員数の民主主義を否定するかのような、発言をしたらしい。ここに、この人物の極左的、解放同盟糾弾的指向性が表れている。こういう思考傾向は確信的であり、一種のテロ思想であると思う。日本共産党と同じく、自らを絶対正義とおもっているわけで、ここが妄想的なのであります。スエーデンからきたこの不細工なゲルマン大女が、歴史の正義をのたまう。クリソツであります。右は女優のレニー・エンフェンシュタールです。 枝野代表の正義に付き合っていたら飢え死にする。 1 事実は小説より奇である。さて、社会は大手不動産屋が10億以上詐欺師にもってゆかれています。その10億のカスでもこちらに来ないかと夢想しています。巷の噂では、海喜館事件がとりあえず刑事事件になるという予測報道がネットでされている。そこで、海喜館取引を考察してみるのですが、どうも刑事事件になりそうもないと思う次第です。その理由は① あざとすぎる。IKUTAホールディングスという会社がでてきて、十全ビルに本社を置いている。 海喜館登記.pdf この…

続きを読む