田中英寿理事長

日本大学は理事長と総長の二頭体制。実務=金は理事長、学問は総長。古田時代は、古田会頭と呼ばせた。日本大学株式会社という言葉も古田時代にできた。学生運動を抑圧する古田・永田体制と秋田全共闘の戦いは歴史である。そのころ、大学防衛暴力装置要員で入学したのが田中英寿。同期に古賀隆助もいる。古賀隆介は佐世保重工事件で三年服役。有名事件師である。田中英寿を「反社」と付き合っているというが、名古屋や神戸を行ったり来たりしているのではない。同格なのである。その個人史はヤクザというにふさわしい。そして、日大応援団の政治家。このたび、アメフト騒ぎで、田中体制が批判されているのは、神戸山口組の人事で、ヤクザ社会の若返りがあり、同時に、日大有力政治家の衰えがある。神戸が替わると名古屋も変わる。兼一一家の80歳の親分が若い組員にボコられたという。ヤクザは任侠の基礎に生活がある。そして、若い組員は、神戸から名古屋に転職したという。(逆かもしれない)ともかく、生活防衛が組織の存在意義。 田中英寿日大理事長に引導を渡すのはオリンピック委員会。日本政治ですな。森先生の政治力に注目です。

続きを読む