注目ネット記事:アウトサイダーレポート

2018年5月21日付レポート:融資型クラウドファンディング大手「グリーンインフラレンディング」、償還資金を別ファンドで調達、自転車操業状態 2018年6月8日付レポート:【続報】グリーンインフラレンディング親会社「JCサービス」、太陽光発電所売買でトラブル 買主が「騙された」と告発【続報】グリーンインフラレンディング、親会社「JCサービス」未公開株を買戻し 「自己株式取得罪」に抵触か 上記連続レポートはOUTSIDERS report からお借りしました。 JCサービス、LCレンディング、maneo という会社名が出てくる。 ソーシャルレンディングというやり方で、金を集めて、事業に投資して収益を投資家に還元するビジネスをやっているようです。こういうビジネスは時代が求めていて、maneoという会社にも期待していたわけです。本来銀行が負担すべき経済主体としての社会的責任を放棄して、大蔵官僚の天下り先になってしまい、国民経済にはマイナスの存在になった。いわゆる都市銀行の余剰人員が3万人といわれている。40過ぎの銀行員なんて銀行以外では使えない。そういう教育をされている。それが銀行で使えないなら、ごみのようなもの。地方銀行が赤字で、同一地域の地方銀行に吸収される。カボチャやデート商法に融資したスルガ銀行を褒めた、金融庁長官がやめた。銀行が貸した金のうち25%が消えても、残りのビジネスで125%資金を回収すれば、25%の利益。これが金融の機能です。明治に日本の鉄道に資金を投じたのはイギリスのベアリ…

続きを読む

裁判所廊下で、

昨日、週刊Hサイト田邊弁護士恐喝事件の裁判があった。事件は分離され、各被告ごとに行われている。昨日はN被告の事件。N被告は故意を否定している。検察はNさんを起訴したとき故意はあるということで起訴状を書いた。Nさんは、そういうつもりはないといったが、これは裁判官が客観的事実から故意があったというと終わる話です。Nさんの裁判所での供述は証拠力が高い。ここでFに50万がわたったという。Fはすでにモチ代として20万を受け取ったと思うといってしまった。ここに分離公判のいってみれば罠がある。ゲームの理論通り矛盾が出てどこかがしまいになる。 地面師は「朝飯を一緒に喰い、昼飯は殴り合いのけんか、夜は居酒屋で明日の打ち合わせ」この迷言は、ある元検事長のことばらしい。その元検事長は、詐欺師王長徳(伝説クラスの詐欺師)にかんして、「見ない聞かない口きかない」こう申された。双方故人とおもいますが、田邊弁護士を恐喝してしまう勢いというのが恐ろしいです。 1 傍聴人が多彩。こういう事件は呉越同舟というか、敵味方と思うのが並んで座っている。あとから高級皿帽子をかぶって河童も来る。そして廊下で打ち合わせ。 2 分離公判を拒んで、みなで知らないというしかなかった。そういう認識を持つ者もいたようですが、じゃなリストYが元ジャーナリストSにけつを掻く。さわぐ。 3 次回は7月5日午前10時らしい検察官意見を聞くそうな。求刑ということでは。Fの裁判がその前にある。分離ですな、、、、、

続きを読む

「箱」岡本倶楽部。

岡本倶楽部:熱海岡本ホテルの落札金額はいくらか。それは知りません。競売情報などでわかるとおもう。平成16年10月(2004年)にエリアリンクが競落している。その後サリアジャパン、グローバルウインと所有権が移転した。岡本倶楽部という組織の運営会社はOMC。OMCは2006年設立。このOMCが出資金を募った。OMCはグローバルウインカンパニーと同じ本店所在地です。この本店所在地には「ゆびとま」も存在する。なるほど、佐世保の組織とお隣りであります。この「ゆびとま」のもとの経営者MさんやSさんがアドテックス民事再生事件の違法行為で逮捕されている。この日本IBM、HDD事業の独立組の中から自殺者も出ている。会社は乗っ取られ、資産を食われて、民事再生法申し立てとなった。その申立人の弁護士がT弁護士。アドテックスの株を取得して事件きっかけを作ったのがH氏と聴いている。ナスダックに上場したアドテックス。そのナスダックの関連が元IBMのS副社長.アドテックスは2005年に行き詰まった。絵にかいたようなセットアップです。だから絵図を描くという。絵図を描かれ、型に嵌められる。そしてポンコツをかけられる。これが、ヤクザの詐欺の流れです。このアドテックス民事再生事件で、ネット報道が重要な役割を果たしたT先生大成功でした。 エリアリンクは商業物件を安く手に入れ、それをリフォームとか企画を入れて、賃貸に回し、収益を上げるビジネスモデルの会社。この会社が、ホテルを安く手に入れるのは仕事の一部です。ただ、事件物件を処理す…

続きを読む