モリカケと安倍さんと辻本清美、、そして佃伊東市市長。

ネットでは、モリカケ問題が過去のものになりつつあるようです。反省と総括はないのか山口二郎教授。「君子は豹変す。小人は面を革(あらた)む」易経。【改憲容認】山口二郎 寝返り発言【手のひらクルー】山口二郎「安倍に言いたい、お前は人間じゃない。たたっ斬ってやる!」ネットで殺人予告すると捕まる時代。法政大学は治外法権ですな。(つまらん嫌味を言っています。)東京新聞の記事でも、安倍政権支持が不支持を上回る。菅官房長官も望月イソ子を相手にしなくなった。東京新聞の望月イソ子が『最近質問打切多い理由は?』に菅官房長官が正論で完全論破の記者会見 報道されないことは存在しない。それでも世の中は動いていて、存在しない存在することが動きます。存在していた、岡本倶楽部と伊東市の関係が佃市長逮捕で捲れた。住民運動あればこそ、この佃市長が逮捕された。小さな事件ですがモリカケキャンペーンより社会を動かす。 1 週刊Hサイト事件は名誉棄損事件にならない。ここが不思議であります。素敵な河童人間のどこがいけないのでしょうか。禿という指摘がよくないのか。http://hodotokushu.net/kaiin/kiji20150224f.html とまれ、恐喝ということで事件化された。当事者は4名いる。残りは2名であるそうな。<ミニ情報>次回、田邊勝己弁護士恐喝事件(藤原被告)公判の日程さて、この事件裁判で、有名事件の当事者が傍聴に来ていた。それは聖蹟桜ヶ丘事件のH氏、そして岡本倶楽部のO氏だと思われる。H氏の傍聴理由はT弁護士と…

続きを読む

海上町最終処分場。エコテック。

エコテック産廃処分場設置を千葉県がやっと不許可 - So-net 産廃最終処分場許可を千葉県が取り消した。暴力団関係者が建設や許可申請に絡んでいたという理由です。この論理は、錯誤、無効、取り消しという理屈と同じ。 この理屈だと、県の条例が後だから事後法だという理屈以前の問題。 さて、千葉県市原の真里谷カントリ建設の跡地利用ですが、神奈川の銀行の融資が千葉に出たり、残土埋め場にするという話で詐欺があったりでした。この千葉の市原残土開発狙いかどうか知らないが、千葉県は半径4KM以内の住民全員の同意を義務付けた。10KMかもしれないし8割の同意かもしれない。事実上許認可はしないということ。 まあ先例は学ぶべき。 1 伊東市佃前市長は岡本倶楽部の一味であったら。まあそう考えたら理解しやすい伊東岡本ホテル買収です。すると、佃さんはヤクザと同値です。だからその許可は無効に決まっている。事後法なんか関係ない。 2 川勝静岡条例は。伊東市の許可条件で工事に着手できたはず。県条例以降は着手はできない。まあ論理は通るようにしている。正しいかどうかは静岡地裁名古屋高裁最高裁で決めてくれる。 3 いつメガソーラーのIDを乗せたか。地主の名前の三文判で申請していたか、印鑑証明付きかこれが両方あり得る。八幡浜の山林を切って漁場を汚染した。それは伊東市許可仮にあれども、事実的に漁業権を侵害した。これは森林法許可と違う問題。原状回復しないと、許可あれども、かならずトラブル処理をするのが許可条件とどこかに書いてある。…

続きを読む

熱海で遊んで伊東で働く。

岡本倶楽部にサリアジャパンと黒木正博がトランスデジタルの金を運んだ。その時の逮捕者が野呂周介で罰金刑。このときはT弁護士以下は安全圏でした。(ゴルフ村村長として五反田特捜に4日呼ばれた。)その後、岡本倶楽部大東が逮捕されて、懲役18年とか。水資源詐欺の大山多賀男ともども出資金詐欺の象徴。出資金詐欺は、電話営業が中心。コールセンターを提供するものなどチームでやる組織犯罪です。こういう実態を学習し続けて、熱海経由で伊東で結果が出た。これが警視庁の佃前市長贈収賄捜査です。熱海岡本倶楽部ホテルも熱海市が買った。不動産業界などは、大丈夫かということと、4億弱という値段に注目。 1 エリアリンクが競落。サリアジャパンが買う。ここあたりが問題かという前に、RCCから外資が廉価で抵当権を手に入れる。乙区後順位に安い抵当がべたべたついて事実上の競売妨害。こういうのが、南青山三丁目と同じ構造です。エリアリンクが競売で手に入れたから物件取得価格は合理的ということになる。裁判所の鑑定価格がある。それからサリアジャパンが買い、多分ダミーが買い、出資金詐欺の商材にして、倒産させる。それを熱海市が買う。その前にサリアジャパンなどは税金も払わない。予定の行動原理で、予定調和で熱海市が買う。 これが、成り行きか必然かが問題でした。必然なら共謀ということだし、岡本倶楽部と組織で物件転がしをした。こういうことです。ここで関係ないようですが、銀座九龍城ビルといわれた物件でも同じことが言える。これは最終的買い人はある程度決まっていて、…

続きを読む