JC証券処分と地面師ブーム

金融庁がJC証券の登録を取り消した。この行政処分に素早い印象を受ける。だが実際は、細野豪志の5000万とその余の金がマスコミ的に明らかになって数か月後の処分。昨年暮れに金融庁処分があっておかしくもない。それはしなかっただけ。金融庁長官が交代した。旧長官はスルガ銀行一押しの金融庁長官。こういう部分が現与党政権の良くないところ。安倍総理は、枝野や石破と比べることのできない政治家である。理由は枝野は極左テロリストであり、自らを保守本流という。自らを神というに等しい。すでに宗教であります。石破は評論できない人型であるから。いま日本政治の問題は野党がないということ。そこで、「詩ね朝日新聞」以下が野党たるべくやっているつもりだが、安倍総理をたたき切るというテロリストばかりでこれは政治活動でさえなく、ヤクザ抗争もどきの陰口戦である。ここで、与党政治の問題性が事実として出てくるのだが、これを報道できない日本では国民が問題を把握できない。モリカケウロンは喰わされ続ける。 1 安倍総理は「坊ちゃん大将」ジャイアンに揉まれながらしたたかになった安倍総理であるが、そのお友達内閣という性格はぬぐい切れない。スルガ銀行は安倍総理のお友達ではない。スルガ銀行のお友達のお友達のお友達あたりがやっと安倍総理のお友達を知っている。そういうお友達たちが、スルガ銀行デート商法詐欺を問題化させない。その結果が、カボチャの馬車である。スルガ銀行岡野は「大したことではない」と言っているようである。スルガ銀行岡野は問題を認めたなら、自分が銀行…

続きを読む

チンピラの行動原理。

三京という会社名を最近聴く。あの埋め立て現場で。その埋め立て現場で。あちこちで。最近といってもこの数年で、三京という名前が印象に残ったのは新橋4丁目でありました。白骨遺体現場と西岡進と仲間たち、そして小野塚清にキャベツとかVシネマ。そこで、三京工場長とか内田マイクさんとか。有名な神田の弁護士事務所。そういうメンツの中に三京が、そういえばあそこでそこであちこちで名前が出ていたと思うわけです。PCで三京を検索すると、まず以下の不動産登記がでてくる。windows10がなぜそういう選択をするかはわからない。三京.zipだが、登記の中身まで検索しているようです。すごいぞW10であります。このPCの選択で出てきた登記は不動産登記。共通点はマフネです。上記不動産のマフネの本店所在地が三京ビル。偶然の一致でしょうか。マフネとは小野塚清さんの会社。有限会社マフネ法人登記簿(全部事項)2013121323353021.pdf有限会社マフネ法人登記簿(全部事項)2013121323351563.pdf荒川区が本店所在地の時は板垣さんが役員にいた。(サーランドピア役員変更の歴史も参照すべし。)さて、http://tcc2.seesaa.net/article/421517094.htmlこういう有名ブログに、マフネ本店所在地がありますが、それは第21山京ビル。同所同番地で三京ビルを本店所在地にしているのがマフネ。登記の魔術か本音が出たかは本人に聞かないとわからない。三京か山京かどちらでしょうか。このビルはマフネの所有物…

続きを読む

横井英樹の息子さんも地面師の被害者。

日本の刑事警察及び司法の社会もいろいろある。横井英樹の息子は保護されない。結局自殺しました。その息子が横井から承継した会社が「東洋不動産」であります。大津洋三郎は、言うてみれば言葉巧みにこの会社を息子から巻き上げた。それは、大津が息子に毎月1000万の支払いをするという約束であり、大津は担保に手形を切った。こういう約定は破られるのが必定。東洋不動産の役員には息子さんの大学同級生がいた。その人も最後には息子さんから離れた、そして、ゴルフの練習中に倒れて打撲しそれがもとでなくなりました。横井英樹は、ホテルニュージャパンを所有したが、まず、電気代、ガス代、水道代は払わない。切られる寸前まで支払いを溜める。こういう公共料金関係を溜めるだけで月1億は浮く。?(ホント)管理会社への支払いもしない。(管理要員60名弱。事故の備えがホテルの管理)設備が古いから、冷房用冷凍機を運転するとか、管理会社の優秀人員が必要。ニュージャパンには6600ヴォルトの変圧器が多数あって、そこから赤坂永田町へ送電していた。実は重要施設でした。入居していた事務所は熊本の代議士とか、熱海の会長とか、錚々たる面子。同時に横井英樹はこのホテルで某保険会社から800億以上引っ張りました。その保険会社はつぶれて、保険会社副社長は大富豪になった。横井英樹は貧乏恵比寿顔だったが、ともかく手元に資金はあった。一方で、ニュージャパン従業員組合は働かない、ストをやる、ホテルの冷蔵庫からビールをトラック一台分持ち出し、自分の軽井沢の別荘で夏に費消する。そう…

続きを読む