政治と金。

野中広務さんが亡くなりました。毀誉褒貶というが、陰では評判のいいところもあった。政治的立場から、ポジションで行動されていたと思う。綾部に豪邸を建て、経済的にも成功した。この人の政治的力の源泉が農業関係予算です。一時は1兆円を動かした。鈴木宗男さんは、秘書時代から金集めは天才的。この人は予算をコントロールはできなかった。ですから「やまりん」200万で贈収賄に問われた。いままた、衆議院解散に向けて準備中らしい。さて、政治の話は基本ポジショントークですから、なぜ、安倍首相がモリカケで引き釣り降ろされようとしているか考えるに、これは菅野完とか「詩ね朝日新聞」とかが主役に見えるが、次のない、いわゆる保守標榜勢力が政治的イシューは言わない、言えない、言いたくない、元からないので、ともかく安倍を引き釣り降ろせという村の論理で頑張ったと思います。こういう政治家の共通点は金が集まらない。では、安倍さんや麻生さんが金を集めていないのかというと、集めている。どんな金持ちでも政治をすべて自前ではできない。日本共産党は党是で政党助成金は受け取らない。暴力で国を乗っ取る党是だから当然です。また、金をもらったら、党の戦う力は間違いなく弱る。大阪の芸人が東京に来ると骨抜きになるのと同じ。安倍さんや麻生さんには黙って金を集めてくるのが寄ってくる。 それに比べて、こういうのは、金があればどこにでも行く。トランスデジタルに集った人たちは金のない人。(もちろん、わたしの金のないのとは比べることが無意味。)集る必要がない人と、集らないと…

続きを読む